@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

朴泳孝

美術人名辞典

朴泳孝
朝鮮の政治家。潘南生。贈領議政元陽の三子。は子純、玄々居士・春皐と号する。金玉均らと開化党を組織、のち日本に亡命。李完用内閣では宮内大臣となる。日韓併合に協力し、併合後侯爵・総督府中枢顧問官、ついで貴族院議員となる。檀紀4272年(昭和14年・1939)歿、78才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

ぼく‐えいこう〔‐エイカウ〕【朴泳孝】
[1861~1939]朝鮮李朝末の政治家。金玉均らと独立党形成。1884年甲申事変に失敗し、日本に亡命。94年、内務大臣。日韓併合後、侯爵・中枢院顧問官。パク=ヨンヒョ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

朴泳孝 パク-ヨンヒョ
1861-1939 朝鮮の政治家。
哲宗12年6月12日生まれ。哲宗娘婿朴珪寿(キユス)にまなび,金玉均(キム-オツキユン)らと開化派を形成。明治15年修信使として来日。1884年甲申(こうしん)事変おこし,挫折(ざせつ)して日本に亡命。1894年帰国して内部大臣となり,甲午改革を推進したが,失脚してふたたび日本に亡命。韓国併合後に日本の侯爵,昭和7年貴族院議員となった。1939年9月20日死去。79歳。京畿道出身。字(あざな)は子純。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朴泳孝 ぼく-えいこう

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ぼくえいこう【朴泳孝 Pak Yŏng‐hyo】
1861‐1939
朝鮮,李朝末期の政治家で,開化派の中心人物の一人。字は子純。哲宗(在位1850‐63)の娘婿。潘南の人。朴珪寿の門下で金玉均ら開化派の盟友となり,1882年には修信使として訪日。84年の甲申政変に加担,失敗後日本に亡命。94‐95年の甲午改革の当時,金弘集内閣の内部(内務)大臣となったが,失脚して再び日本に亡命。1907年に日本の圧力による高宗の強制譲位に反対し,済州島に配流された。日韓併合後は朝鮮貴族として侯爵に列せられ,中枢院顧問となる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

パクヨンヒョ【朴泳孝】
1861~1939 朝鮮王朝末期の政治家。独立党に属し事大党と対立。1884年甲申政変に失敗し日本に亡命。94年日清戦争開戦時、内務大臣となる。韓国併合後、日本の貴族院議員・侯爵。ぼくえいこう。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぼくえいこう【朴泳孝】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

朴泳孝
ぼくえいこう
Pak Yǒnghyo
[生]哲宗12(1861).6. 京畿道
[没]1939.9.21. ソウル
朝鮮,朝鮮王朝 (李朝) 末期の政治家。字は子純。号は瓠船。哲宗の娘婿で,青年時代いちはやく開化派 (→独立党 ) の一員となり,運動に身した。高宗 19 (1882) 年に修信使として来日,明治初期の日本をつぶさにみて帰国した。帰国後,国政改革のため積極的な活動を展開し,同 21年には金玉均らとクーデターを起したが失敗 (→京城事変 ) ,日本に亡命した。同 31年に帰国し金弘集内閣の内相となったが,廃妃陰謀事件で失脚し再び日本に亡命。高宗の光武 11 (1907) 年に帰国して,李完用内閣の宮内大臣に任命され,高宗譲位に反対して済州島に流配された。日韓併合後,侯爵を受け中枢院顧問官となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

朴泳孝
ぼくえいこう / パクヨンヒョ
(1861―1939)
朝鮮、李朝(りちょう)末期の政治家。工曹判書朴元陽の末子で、哲宗の女婿となり、錦陵(きんりょう)尉になる。金玉均らと朴珪寿(ぼくけいじゅ)、劉鴻基(りゅうこうき)に師事して開化派を結成し、近代的改革運動を始めた。1882年(明治15)修信大使として日本を視察し、帰国後、漢城府判尹(はんいん)、広州府留守(りゅうしゅ)となった。1884年に甲申政変に参加し、新政府の左右営使兼左捕盗大将となったが、清(しん)軍の干渉で3日天下となり、日本に亡命した。1894年の日清(にっしん)開戦後、日本の斡旋(あっせん)で帰国し、開化派政権の内務大臣となったが、主導権争いなどで敗れ、翌1895年ふたたび日本に亡命。日露戦争後の1907年に帰国し、宮内大臣となるが、李完用総理と対立し、済州島に1年間流配された。韓国併合(1910)後、日本から侯爵の爵位を受け、中枢院顧問官となった。[朴 宗 根]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぼく‐えいこう ‥エイカウ【朴泳孝】
朝鮮、李朝末期の政治家。独立党の中心人物として日本との提携による政治改革、独立の達成を主張。(一八六一‐一九三九

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朴泳孝」の用語解説はコトバンクが提供しています。

朴泳孝の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation