@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

杉百合之助【すぎ ゆりのすけ】

美術人名辞典

杉百合之助
江戸後期の長州藩士。長門生。名は常道、字は伯兪、号は恬斎。杉七兵衛の長男吉田松陰実父。慶応元年(1865)歿、60才。

出典:(株)思文閣

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

杉百合之助 すぎ-ゆりのすけ
1804-1865 江戸時代後期の武士。
文化元年2月23日生まれ。杉民治(みんじ),吉田松陰の父。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩士。天保(てんぽう)の藩政改革で百人中間頭(ちゅうげんがしら)兼盗賊改方となる。安政2年出牢して杉家に謹慎中の松陰をはげまし,松下村塾をひらくようすすめた。慶応元年8月29日死去。62歳。名は常道。字(あざな)は伯兪。号は恬斎(てんさい)。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

杉百合之助」の用語解説はコトバンクが提供しています。

杉百合之助の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation