@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

李下に冠を正さず【リカニカンムリヲタダサズ】

デジタル大辞泉

李下(りか)に冠(かんむり)を正(ただ)さず
スモモの木の下でをかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるということのたとえ。→瓜田(かでん)に履(くつ)を納(い)れず瓜田李下(かでんりか)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳

李下に冠を正さず
実がなっている李の木の下で冠を直さない。実を取ろうとしていると思われるからだ。またの畑でしゃがんで履物をはきなおすこともしない。瓜を盗むと思われるからだ(「瓜田を納〔い〕れず」)。君子は疑われるようなことは未然に防ぐもの。

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

精選版 日本国語大辞典

りか【李下】 に 冠(かんむり・かぶり)を=正(ただ)さず[=直(なお)さず]
スモモの木の下で手を上げると、果実を盗むかと疑われるから、冠が曲がってもそこでは正すべきではないの意で、嫌疑を受けるような行為はすべきではないといういましめ。李下の冠。〔文明本節用集(室町中)〕 〔古楽府‐君子行〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ことわざを知る辞典

李下に冠を正さず
すももの木の下で冠を直すような、他人から疑われかねない行動は慎まなくてはならない。

[使用例] 善意の行動の一々を、逆にとられて、悪意だ悪意だと重ねられれば、(いっそそれならば)という気になる。李下に冠をたださずといういましめを、且元は自ら破ってまで豊家の安泰を願った[早乙女貢*大坂城炎上す|1970]

[解説] 「古楽府―君子行」の「君子は未然を防ぎ、嫌疑の間に処らず、でんくつれず、李下に冠を正さず」から出て、対句の「瓜田に履を納れず」とともに人口に炙したもの。

出典:ことわざを知る辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

故事成語を知る辞典

李下に冠を正さず
悪いことをしているのではないか、と疑いを招くような言動は、しない方がよい、という戒めのことば。

[使用例] 善意の行動の一々を、逆にとられて、悪意だ悪意だと重ねられれば、(いっそそれならば)という気になる。李下に冠をたださずといういましめを、かつもとは自ら破ってまでほうの安泰を願った[早乙女貢*大坂城炎上す|1970]

[由来] 「文選」に収録された「くんこう」という詩の一節から。「きちんとした人間は、災いは未然に防ぎ、疑惑を招くようなことはしない」という出だしに続いて、「でんくつれず、李下に冠を正さず(ウリ畑では、かがみこんで履物を履き直すようなことはしないし、スモモの木の下では、手を上げて冠をかぶり直すようなことはしない)」とうたっています。どちらも、ウリやスモモを盗んでいると勘違いされないための用心です。

出典:故事成語を知る辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

李下に冠を正さず」の用語解説はコトバンクが提供しています。

李下に冠を正さずの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation