@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

李卓吾【りたくご】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

李卓吾
りたくご
Li Zhuo-wu
[生]嘉靖6(1527).10. 福建,晋江
[没]万暦30(1602).3.15. 北京
中国,明末の思想家。名は贄 (し) 。号は卓吾,宏甫,禿翁など。初め官吏となったが,54歳で官を辞して著述に専念した。,道,仏の諸教に通じ,特に王学左派の影響を受けて,人間の思想,行動の根本は各自の自然心にあるという「童心説」を唱え,これをもとに,尚古的,因襲的な儒教に対し自由な,忌憚のない批判を加え,65歳の頃『焚書 (ふんしょ) 』 (6巻) を著わして世間を驚かせ,さらに 73歳のときには『蔵書』 (68巻) を著わしたが,ついに投獄され獄中で自殺した。その思想の影響は大きく,中国はもとより日本の幕末にも及んでいる。ほかに『続蔵書』 (27巻) ,『続焚書』 (5巻) ,『道古録』 (2巻) などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

りたくご【李卓吾】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

りたくご【李卓吾】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

り‐たくご【李卓吾】
中国明末の思想家、文人。名は贄(し)、卓吾は字(あざな)。王陽明の主観的な心学を極度におしすすめた結果、あらゆる世俗の権威を否定し、遂に孔子をも否定して儒家の外に出た。一般に軽視されていた小説・戯曲を好み、「水滸伝」「西廂記」などの評論にすぐれている。時の権力者にうとまれ、獄中で自殺。著「李氏焚書」「李氏蔵書」など。(一五二七‐一六〇二

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

り‐たくご【李卓吾】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

李卓吾
りたくご

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

李卓吾」の用語解説はコトバンクが提供しています。

李卓吾の関連情報

関連キーワード

尚真王黎朝崇元寺黎朝オルテリウス酒井忠次守礼門高三隆達フェリペ牡丹花肖柏

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation