@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

李施愛【りしあい】

世界大百科事典 第2版

りしあい【李施愛 (R)I Si‐ae】
?‐1467
朝鮮,李朝初期の農民闘争の指導者。咸鏡道吉州の大豪族で会寧府使などを歴任したが,1467年,地方豪族の排除,中央支配の強化,田税・軍役などの負担増に反対し,咸鏡道の土豪・農民を組織して4ヵ月に及ぶ反乱を起こした。中央派遣の役人を殺害し,咸鏡道出身者の地方官任命などを要求したが鎮圧される。このあと政府は,高麗末期から地方勢力の拠点となっていた全国の留郷所(のちに郷庁改組)を一時廃止した。【矢沢 康祐】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

李施愛」の用語解説はコトバンクが提供しています。

李施愛の関連情報

関連キーワード

応仁広橋兼顕文正応仁の乱戦国時代(日本)ブルゴーニュ公国鹿苑寺一向一揆史(年表)応仁の乱葵祭

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation