@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

李贄【リシ】

デジタル大辞泉

り‐し【李贄】
[1527~1602]中国、明末の思想家・文学者。泉州晋江(福建省)の人。号、卓吾。を辞して著述に専念した。世俗の権威を否定し、封建倫理を批判したため逮捕され、獄中自殺小説戯曲の価値を認め、「水滸伝」なども高く評価した。焚書」「蔵書」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

りし【李贄 Lǐ Zhì】
1527‐1602
中国,明末の思想家。福建省泉州府晋江県の人。原名は載贄,号は卓吾,宏甫(宏父),温陵居士など多数。26歳のときに郷試に合格。家庭の事情のため上級試験を断念して,30歳で河南省輝県の教諭に任官する。のち54歳まで北京,南京の国士館博士・礼部司務・南京刑部員外郎,雲南姚安府知府などを歴任したが,この後は湖北省の黄安,麻城に客寓して読書著作の生活を送った。性狷介(けんかい),妥協を嫌う李贄は官僚生活を楽しまなかったが,その間に,求道の先達同学に邂逅(かいごう)して鼓舞され,学問に情熱を燃やして〈真に生きる〉ことに邁進した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

李贄
りし
(1527―1602)

中国、明(みん)末の陽明学者。初名載贄(さいし)、号は卓吾(たくご)、別号温陵(おんりょう)。福建省泉州府晋江(しんこう)県の人。『焚書(ふんしょ)』『蔵書(ぞうしょ)』などの著書がある。彼は、なにものにもとらわれない純粋で原初的な心を童心とよび、そこに内面的権威を認めて、形骸(けいがい)化した既成の価値基準や道徳意識と対立させた。それを軸にあからさまな名教批判を行い、従来絶対的権威を有してきた経典や聖人にまで批判を加えた。また、この心は万人に平等に賦与されていると考えることから、性別や階層などを超えて平等が主張されることになる。心の真実の発露である限り、儒仏道三教の別や文学におけるジャンルも本質的なものとはみなされず、そこからは三教一致論や俗文学の顕彰などが導かれ、個性尊重や私肯定の態度、平等主義などが推し進められた。彼は人間や社会を具体的、現実的に洞察し、そこに人間の心にあるさまざまな欲望をみいだし肯定した。彼は生存の欲望のような根源的欲望を根底に置き、そこにさまざまな欲望の展開を基軸として据えて、欲望の否定的側面をも考慮しながら、明代末期の中国社会に適応する秩序を再構築しようと展望した。しかし固陋(ころう)な道学者に対する鋭い批判や揶揄(やゆ)、徹底した名教批判、功利主義的態度、儒教からの逸脱、なによりも自ら異端を任じた彼自身の奇矯な行動などから、弾圧を招いて逮捕され、76歳の高齢で獄中に自刎(じふん)し果てた。このため彼の構想も挫折(ざせつ)し、清(しん)代以降の課題として残された。

[杉山寛行 2016年2月17日]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

李贄
りし
李卓吾」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

り‐し【李贄】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

李贄」の用語解説はコトバンクが提供しています。

李贄の関連情報

関連キーワード

本願寺尚真王マク氏黎朝崇元寺黎朝内藤正成(1)李卓吾証券取引所

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation