@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

李退渓【りたいけい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

李退渓
りたいけい
Ri T'oe-gye
[生]燕山君7(1501)
[没]宣祖3(1570)
朝鮮,李朝中期の儒学者。李滉。字は景浩。号は退渓,陶翁,退陶。慶尚北道礼安の人。中宗 22 (1527) 年進士となり,同 29年文科に及第,要職を歴任後,明宗 10 (55) 年退官し,朱子学の研究に没頭した。彼は朱子を承けて,万物は理と気から成るが,理は純善無悪,気は可善可悪とし,「四端は理が発して気がこれに従ったものであり,七情は気が発して理がこれに乗ったものである」と主張し,奇大升らと有名な「四七論争」を展開した。李滉の朱子学は日本の朱子学者山崎闇斎などにも多くの影響を及ぼした。また書にもすぐれ,李朝中期の書体の貴重な資料を残している。主著『天命図説』 (1巻) ,『朱子書節要』 (20巻) ,『退渓集』。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

りたいけい【李退渓 (R)I T‘oe‐gye】
1501‐70
〈東方の小朱子〉と称される朝鮮,李朝の代表的文臣,儒者。本名李滉(りこう)。初名は瑞鴻。字は景浩,初字は季浩。号は退渓のほか陶翁,清涼山人。真宝の人。李埴の子で,叔父李堣や郷校で李賢輔の指導を受け,文科に及第後成均館の司成になったが,1545年(乙巳(いつし))の士禍に連坐して官職を失った。中央官界の暗闘に絶望した彼は,隠退して洛東江上流兎渓(とけい)に養真庵を築き,兎渓を退渓と改めてみずからの号とし,学問に専心した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

り‐たいけい【李退渓】
朝鮮李朝の代表的な朱子学者。名は滉(こう)。諸官を歴任したあと、郷里で陶山書院をおこし、朱子学の研究と指導にあたった。「啓蒙伝疑」「聖学十図」「朱子書節要」などの著で、江戸儒学にも大きな影響を与えた。(一五〇一‐七〇

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

李退渓
りたいけい

李滉

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

李退渓」の用語解説はコトバンクが提供しています。

李退渓の関連情報

関連キーワード

文亀サファビー朝ルターの家イスマーイール1世サファビー朝ペトルッチ不登校児童生徒数カルダーノ策彦周良サファビー朝

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation