@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

村上天皇【むらかみてんのう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

村上天皇
むらかみてんのう
[生]延長4(926).6.2. 京都
[没]康保4(967).5.25. 京都
第 62代の天皇 (在位 946~967) 。醍醐天皇の第 14皇子。母は太政大臣藤原基経の女,中宮穏子。名,成明。天慶7 (944) 年皇太弟となり,同9年即位し,藤原忠平没後は摂関をおかず親政を行い,天暦8 (954) 年には諸臣に勅して,奢侈を禁じ,売官を停止させた。また鴻臚館を存置するなど菅原文時意見封事を用いたり,貧民救済を急務とし,常平所を設置し,乾元大宝を鋳造するなどの治績をあげた。また文学を好み,琵琶に長じた。そのため,和歌所が設置され,『後撰和歌集』が成り,詩合,歌合 (天徳歌合) などが催され,多くの文人が輩出した。このような績や文運の隆昌から,のちに「天暦の治」 (→延喜・天暦の治 ) と称された。しかし実際には律令体制は解体の途上にあり,地方政治の紊乱盗賊横行悪疫の流行,水旱のがあり,急速に摂関政治の時代へと移っていった。日記に『村上天皇御記』 (『天暦御記』ともいう) がある。陵墓は京都市右京区鳴滝宇多野谷の村上陵。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

むらかみ‐てんのう〔‐テンワウ〕【村上天皇】
[926~967]第62代天皇在位、946~967。醍醐天皇皇子。名は成明(なりあきら)。関白藤原忠平死後摂関を置かず親政を行い、後世「天暦の治」と称された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

村上天皇 むらかみてんのう
926-967 平安時代中期,第62代天皇。在位946-967。
延長4年6月2日生まれ。醍醐(だいご)天皇の第14皇子。母は藤原穏子(おんし)。兄朱雀(すざく)天皇の譲位で即位。天暦(てんりゃく)3年関白藤原忠平の死後は親政をしいた(天暦の治)。詩歌にすぐれ,「後撰和歌集」をつくらせた。康保(こうほう)4年5月25日死去。42歳。墓所は村上陵(みささぎ)(京都市右京区)。諱(いみな)は成明(なりあきら)。別名に天暦帝。法名は覚貞。日記に「村上天皇御記」。
【格言など】円居(まとゐ)してみれどもあかぬ藤浪のたたまく惜しき今日にも有るかな(「新古今和歌集」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

むらかみてんのう【村上天皇】
926‐967(延長4‐康保4)
第62代に数えられる天皇。在位946‐967年。父は醍醐天皇,母は皇后穏子(おんし)(藤原基経女)。諱(いみな)は成明(なりあきら)。誕生の年に親王,940年(天慶3)元服,944年東宮,946年同母兄朱雀天皇が譲位して即位。治世の初めに関白忠平がしてからは親政を行った。資性聡明で学芸に造詣深く,この時代は《後撰和歌集》の撰進もあり,詩合や歌合なども盛んで,華やかな後宮を背景に宮廷文化が栄えた。政治にも関心深く,朝儀にも精通しみずから儀式書《清涼記》を撰したが現在一部分のみを伝える。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

むらかみてんのう【村上天皇】
926~967 第六二代天皇(在位946~967)。醍醐天皇第一四皇子。名は成明なりあきら。摂関を置かず親政をしき、後世「天暦の治」と称された。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

村上天皇
むらかみてんのう
(926―967)
第62代天皇(在位946~967)。醍醐(だいご)天皇第14皇子。名は成明(なりあき)、母は太政(だいじょう)大臣藤原基経(もとつね)の女(むすめ)穏子(おんし)。朱雀(すざく)天皇の同母弟。944年(天慶7)19歳で皇太子となり、946年禅を受け即位。治政の当初基経の子忠平(ただひら)を関白(かんぱく)とし執政させたが、949年(天暦3)忠平の死後は関白を置かず、親政を行った。律令(りつりょう)制の解体は進み、大嘗会(だいじょうえ)を執行するにあたり国庫のみでは十分に賄えず、忠平の私財に依存するなど、財政状況は悪化していた。ただし忠平死後はその息実頼(さねより)が太政官の首班として治安維持や収取確保に努め、小康を得ていたようである。文化面では和歌所(わかどころ)が設置され、「天徳歌合(てんとくうたあわせ)」(960)や『後撰(ごせん)和歌集』の編纂(へんさん)が行われるなど目覚ましく、皇朝十二銭の最後たる乾元(けんげん)大宝の鋳造が行われたのも村上朝であった。親政を行い、菅原文時(すがわらのふみとき)の意見封事を用い、公卿(くぎょう)登用において比較的公正な人事が行われたことから、後世醍醐天皇の「延喜(えんぎ)の治(ち)」とともに「天暦(てんりゃく)の治」とよばれ、聖代として賛仰された。日記『天暦御記』がある。[森田 悌]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

村上天皇 (むらかみてんのう)
生年月日:926年6月2日
平安時代中期の第62代の天皇
967年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

むらかみ‐てんのう ‥テンワウ【村上天皇】
第六二代天皇。醍醐天皇第一四皇子。名は成明。母は藤原基経の女穏子。天慶九年(九四六)朱雀天皇のあとを受けて即位。在位二二年。関白太政大臣藤原忠平死後は摂関を置かずに親政をとり、諸臣に政治の得失を論じさせ、菅原文時の意見封事を採用し、また、常平所の設置、乾元太宝の鋳造などを行ない、後世「天暦の治」と呼ばれる政治上・文化上の一時期を現出した。日記に「村上天皇御記」(天暦御記)がある。陵墓は京都市右京区鳴滝宇多野谷の村上陵。延長四~康保四年(九二六‐九六七

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

村上天皇
むらかみてんのう
926〜967
平安前期の天皇(在位946〜967)
醍醐 (だいご) 天皇の第14皇子。関白藤原忠平の死後,関白を置かず親政を行った。954年諸臣に意見封事を提出させ,その治世は「天暦の治」といわれたが,律令体制は崩壊し,地方政治は乱れていた。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

村上天皇」の用語解説はコトバンクが提供しています。

村上天皇の関連情報

関連キーワード

耶律阿保機渤海国渤海(国)耶律 阿保機荘宗耶律阿保機耶律阿保機イドリース朝東丹王明宗[後唐]

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation