@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

村山知義【むらやまともよし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

村山知義
むらやまともよし
[生]1901.1.18. 東京
[没]1977.3.22. 東京
劇作家,演出家,小説家。 1921年東京大学に入学,同年ドイツに留学して 23年帰国。 24年舞台装置家として注目されたのを契機演劇に進み,25年河原崎長十郎,池谷信三郎,舟橋聖一らと心座を結成,『勇ましき主婦』 (1926) ほか多くの戯曲を書いた。その後共産主義に近づき,佐々木孝丸らと前衛座を経て前衛劇場,東京左翼劇場を結成,『暴力団記』 (29) ,『東洋車両工場』 (30) などで好評を得た。 32年獄中転向,出獄後の小説『白夜』 (34) は転向文学流行の契機となった。 37年新協劇団を創設したが,40年弾圧によって解散,再投獄。出獄後朝鮮に渡り,45年帰国。新協劇団を再建,『死んだ海』 (52) などを発表。 59年中央芸術劇場と合同して,東京芸術座を結成,その演出家となった。ほかに『国定忠治』 (57) ,『忍びの者』 (62) など。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

むらやま‐ともよし【村山知義】
[1901~1977]劇作家・演出家・小説家。東京の生まれ。前衛美術から演劇に転じ、プロレタリア演劇運動に参加。また新協劇団を結成、後進を育成した。戯曲「暴力団記」、小説「白夜」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

村山知義 むらやま-ともよし
1901-1977 大正-昭和時代の劇作家,演出家。
明治34年1月18日生まれ。ドイツ遊学をへて,大正12年前衛美術団体マヴォを結成。のちプロレタリア演劇運動にはいる。昭和9年新劇の大同団結をうったえ,新協劇団創立の中心となった。戦後は東京芸術座を主宰。妻村山籌子(かずこ)の童話につけた童画も知られる。昭和52年3月22日死去。76歳。東京出身。東京帝大中退。作品に戯曲「暴力団記」,小説「忍びの者」など。
【格言など】父親の意識が不純だと,忽(たちま)ち子供に結果が現われてくる(「ロビンフッド」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

むらやまともよし【村山知義】
1901‐77(明治34‐昭和52)
劇作家,演出家,また画家,舞台装置家でもあった。東京神田生れ。東大哲学科中退,1922年渡欧,表現主義,構成主義などドイツ前衛芸術を学ぶ。24年築地小劇場のG.カイザー作《朝から夜中まで》の舞台装置を担当,25年池谷信三郎,河原崎長十郎らと心座を結成,しだいに社会主義に傾いた。26年佐野碩,千田是也らと前衛座を創立し,28年ナップ結成に応じた左翼劇場第1回公演に自作進水式》の演出・装置を手がけ,プロレタリア演劇運動の中心として活躍した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

村山知義
むらやまともよし
(1901―1977)

演出家、劇作家、小説家、画家。明治34年1月18日東京に生まれる。1921年(大正10)第一高等学校を卒業して東京帝国大学哲学科に入学するが、翌年中退してベルリンに留学。同地で画家に転じて、コラージュによる『あるユダヤ人の少女像』『美しき少女に捧(ささ)ぐ』などを制作。23年の帰国後ただちに「意識的構成主義」を主張し、柳瀬正夢(やなせまさむ)らと「マヴォ」を結成、前衛美術家として活躍した。24年築地(つきじ)小劇場のカイザー作『朝から夜中まで』の舞台装置で注目され、演劇界に入る。26年、マルクス主義的な劇団前衛座の結成に参画し、31年(昭和6)には非合法下の共産党に入党。この期のプロレタリア演劇の代表的戯曲『暴力団記』(1929)、『志村夏江』(1932)を発表。32年に検挙され、翌年保釈出獄。34年に転向小説『白夜』などを発表。また新劇団の大同団結を提唱して、新協劇団の創設に参画、その指導者として活躍したが、40年8月再検挙された。第二次世界大戦後は46年(昭和21)に新協劇団を再建、59年に薄田研二(すすきだけんじ)の劇団中芸と統一して東京芸術座を結成、主宰した。ほかに『忍びの者』(五部作)などの小説、『夜明け前』の脚色、新協劇団が契約したPCL映画へのシナリオ・演出など、活躍は多方面にわたった。昭和52年3月22日没。

[祖父江昭二]

『『村山知義戯曲集』全二巻(1971・新日本出版社)』『村山知義著『演劇的自叙伝』全四巻(1970~77・東邦出版社)』『『現代日本文学大系58』(1972・筑摩書房)』『『村山知義の美術の仕事』(1985・未来社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

むらやま‐ともよし【村山知義】
演出家、劇作家、画家。東京出身。ドイツから帰国後、前衛美術家として登場。舞台美術、演出を手がけ、左翼劇団、新協劇団で指導的な地位を占めた。第二次大戦後は再建新協、東京芸術座で活動。戯曲「暴力団記」「志村夏江」、小説「白夜」「忍びの者」など。明治三四年~昭和五二年(一九〇一‐七七

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

村山知義」の用語解説はコトバンクが提供しています。

村山知義の関連情報

関連キーワード

賄賂罪請託アッタロス[1世]津野[町]職権濫用罪フラミニヌスアッタロス1世アッタロス朝アルビヌス自然単位系

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation