@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

村山竜平【ムラヤマリョウヘイ】

デジタル大辞泉

むらやま‐りょうへい【村山竜平】
[1850~1933]新聞経営者。三重の生まれ。明治14年(1881)大阪で「朝日新聞」を譲渡され、経営に専心。また、明治21年(1888)、「東京朝日新聞」を創刊し、のちに東西朝日を合併した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

村山竜平 むらやま-りょうへい
1850-1933 明治-昭和時代前期の新聞経営者。
嘉永(かえい)3年4月3日生まれ。大阪で雑貨商をいとなみ,明治12年朝日新聞社の創業に協力,14年から上野理一と共同で経営。21年「東京朝日新聞」も発刊,41年大阪・東京両社を合併,上野と1年交代で社長をつとめた。24年衆議院議員(当選3回)。貴族院議員。昭和8年11月24日死去。84歳。平成27年全国高校野球選手権大会を創設した功績で,特別表彰で日本野球殿堂入り。伊勢(いせ)(三重県)出身。
【格言など】新聞は大小に論なく,一定の主義をもたねばならない(「が朝日新聞の目的」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

むらやまりゅうへい【村山竜平】
1850‐1933(嘉永3‐昭和8)
新聞経営者。伊勢(三重県)田丸出身。明治維新後,父とともに大阪で西洋雑貨商を営んでいたが,1879年《朝日新聞》創刊に参加し,81年木村平八・騰父子から同紙の所有権を譲り受け上野理一と共同経営にあたった。政治的には是々非々主義の立場をとるとともに,政論よりもニュース本位の新聞を志し,大阪では他紙の追随を許さぬ成功を収めた。88年《めさまし新聞》を買収して東京に進出,《東京朝日新聞》を創刊し,大発展の基礎を築いた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

村山竜平」の用語解説はコトバンクが提供しています。

村山竜平の関連情報

関連キーワード

斎藤寅次郎五所平之助清水宏成瀬巳喜男逃亡奴隷法稲垣浩小津安二郎大恐慌ルロイマンロー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation