@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

村山【ムラヤマ】

デジタル大辞泉

むらやま【村山】[地名]
山形県中東部の市。最上川貫流農業が行われる。中心の楯岡(たておか)はもと最上氏の城下町羽州街道宿場町。人口2.7万(2010)。
東京都中北部の地名。狭山丘陵の南側。現在は武蔵村山市

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

むらやま【村山】[姓氏]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

むらやま【村山】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

村山
むらやま

東京都北西部、多摩湖南方の武蔵野(むさしの)台地一帯をいう。武蔵七党の一つ村山党の領域で、現在は東村山市、東大和市、武蔵村山市、西多摩郡瑞穂町(みずほまち)などの地域。

[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

むら‐やま【村山】
〘名〙 江戸時代、一村として共有し、共同用益する山。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

むらやま【村山】
謡曲。四番目物。廃曲。観世小次郎信光作。村山何某は、訴訟のため鎌倉に滞在していた主人が幕府の命で自害させられたと聞き、主人の妻子を慰めていると、代官の長尾が攻めて来る。村山は主人の妻子とともに奮戦し、ついに長尾を降参させる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

むらやま【村山】
[一] 山形県中東部の地名。最上川が貫流する。中心地の楯岡(たておか)は江戸時代には羽州街道の宿場町・市場町として発展。米作、果樹栽培が盛ん。昭和二九年(一九五四)市制。
[二] 出羽国(山形県)の旧郡名。仁和二年(八八六)最上郡の北半部により成立。文祿年中(一五九二‐九六)最上郡と村山郡が入れ替わり、北部が最上郡、南部が村山郡となった。村山郡は明治一一年(一八七八)東村山・西村山・南村山・北村山に四分されて消滅。〔二十巻本和名抄(934頃)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

むらやま【村山】
姓氏の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

村山」の用語解説はコトバンクが提供しています。

村山の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation