@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

村役人【むらやくにん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

村役人
むらやくにん
村方 (むらかた) 三役,地方 (じかた) 三役ともいう。江戸時代,代官郡奉行指揮を受け,村落の管理運営にあたった者。地域,時代により名称は種々であるが,普通,幕領では名主 (庄屋肝煎) ,組頭 (年寄脇百姓) ,百姓代 (長百姓) を村方三役と称した。名主は一村の長で村政を轄,組頭はその補佐役,百姓代は小前百姓の代表として名主組頭層の村政運営を監視した。名主は世襲,大百姓の回り持ち,入札 (選挙) などさまざまで,給米を受けたり年貢減額の特典を与えられていた。組頭も組頭給などを受け,選出は協議,入札などによった。百姓代は無給が原則で,中期以降に現れるのが普通である。これらの三役のほかに特殊な任務を与えられた村内限りの役人もあり,また諸村を統轄する大庄屋,大名主を含めることもある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

むら‐やくにん【村役人】
江戸時代、村の行政をつかさどった役人の総称。→地方三役(じかたさんやく)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

むらやくにん【村役人】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

むらやくにん【村役人】
江戸時代、郡代や代官の下で、村の民政をあずかり、領主に対し、年貢・公事くじ納入の責任を負っていた百姓身分の人。 → 地方三役じかたさんやく

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

村役人
むらやくにん
江戸時代の村落で、農民の身分として、村落行政を担当するものの総称。その最上位は、大庄屋(おおじょうや)、割元名主(わりもとなぬし)、検断(けんだん)とよばれ、数か村の行政を統轄した。中世以来の武士の系譜を引く格式の高い家がその地位を世襲し、領主から苗字(みょうじ)帯刀を許可され、扶持(ふち)、切米(きりまい)を支給された。ただ一般に村役人という場合、そうした役人の下に位置する各村の村方(むらかた)(地方(じかた))三役、すなわち名主(庄屋)、組頭(くみがしら)(年寄(としより))、百姓代(ひゃくしょうだい)を意味した。
 まず名主は、一村の総括責任者で、通常は一村一名を原則としたが、一給一名主であったから、相給(あいきゅう)の村では、領主の支配別に一村内に数名の名主がいる場合があり、これを相名主といった。また一村一給の村でも、二家が交替で名主を務めることもあった。名主の選任は、領主により家格によって任命される場合が多かったが、年番交替や、農民の入札(いれふだ)制によるなどさまざまであった。一般には、農民側の推薦の場合も領主の許可を必要とした。普通、関東では名主といい、関西では庄屋とよばれた。名主は、一村を代表して、村の運営、対外交渉、対領主交渉にあたる農民側の代表であるとともに、年貢の徴収、農民の統制にあたる意味では、領主側の支配の末端の職にもあたり、その地位は二面性をもっていたが、どちらかといえば後者の側面が強かった。したがって初期の百姓一揆(いっき)では、一村を代表して領主へ出訴する(代表越訴(おっそ))など農民の代表者としての性格がみられたが、後期の一揆では、下層農民によって打毀(うちこわし)を受けたり、村方(むらかた)騒動にみられるようにその責任を追及され、地位を追われることも多かった。
 次に組頭は、本来五人組の頭であったという説もあるが、村役人としては五人組と関係なしに任命された。通常一村を数組に分け、その各組の頭として農民のなかから選任された。その選任方法は、農民の推薦または入札が一般的であったが、その場合でもやはり領主による許可を必要とした。その役目は、名主を補佐して村政を担当し、名主欠役の場合にはその地位を代行するとともに、組下の年貢の賦課・徴収を行い、農民の支配にあたることにあった。したがってその地位はやはり名主とともに、領主支配の末端的性格が強かった。組頭は、地方によっては年寄、長(おとな/おさ)百姓などと称することもあった。
 次に百姓代であるが、これは一村の百姓を代表して、名主、組頭の村政を監視し、農民の意見を村政に取り次ぐ地位で、一村一名が農民の推薦によって選ばれるのが普通であるが、村によっては数名が選任される場合もあった。その地位は、名主、組頭より、より農民の代表としての性格が強かったが、村役人として、名主、組頭とともに公的な性格をもち、村政の一端を担っていたから、やはり領主支配の末端的性格を免れなかった。
 ところで、こうした村方三役に代表される村役人は、中世後期の郷村制において、農民の代表として選任された番頭(ばんがしら)、肝煎(きもいり)、沙汰人(さたにん)などにその本来の起源をもち、もともと農民の代表として村政を運営する役として設定されたと考えられる。しかし、近世社会が確立する過程で、村落は領主の支配組織として編成されていき、それに伴い、村役人の地位も農民の代表を兼ねながらも、より領主の村落支配を代表する地位として編成されていった。したがって兵農分離体制の下では、領主が村落を支配していくうえで、もっとも重視したのが村役人であり、またその支配のあり方が村落の動向に大きな影響を与えた。その制度は、江戸初期には、村方三役としてかならずしも完全には制度化されていなかったと考えられるが、幕藩体制の確立に伴い村落体制の整備とともに、その地位も機能も制度化されていったとみられる。ただ体制確立後も、大名領などでは百姓代を置かない藩もあり、三役の機能にもかなり多様性がみられた。また江戸後期に、村落体制の変動とともに、その地位や機能にも変化がみられ、農民の意向が反映するようになり、領主の側でも、村落体制の再編成のために村役人の地位の再編、強化を図る動きがみられた。[上杉允彦]
『児玉幸多著『近世農民生活史』(1957・吉川弘文館)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

むら‐やくにん【村役人】
〘名〙 江戸時代、名主(庄屋)・組頭(年寄)・百姓代と呼ばれ、郡代・代官の下で村政を運営した人々の総称。身分は百姓。地方三役、村方三役ともいう。
※地方凡例録(1794)七「村役人と唱の儀、関東にては名主組頭と云五人ぐみの筆頭を判頭と云」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

村役人
むらやくにん

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

村役人」の用語解説はコトバンクが提供しています。

村役人の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation