@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

村松【むらまつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

村松
むらまつ
新潟県中部,五泉市南部の旧町域。新潟平野東部から越後山脈北西部にある。 1889年町制。 1955年川内村,大蒲原村,十全村の3村および菅名村の一部と合体。 2006年五泉市と合体。中心集落は寛永 16 (1639) 年以後,村上藩堀氏分家の村松藩3万石の城下町だった。在来産業は和紙製造,製茶であったが,戦後は絹織物,ニット産業が盛んになる。周辺では米作が行なわれる。早出川や仙見川などの渓谷美に富み,サクラの名所である村松公園名刹の慈光寺などの見どころがある。東部奥早出粟守門県立自然公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

むらまつ【村松】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

村松
むらまつ

新潟県中北部、中蒲原郡(なかかんばらぐん)にあった旧町名(村松町(まち))。現在は五泉市(ごせんし)の南部を占める地域。旧村松町は1889年(明治22)町制施行。1955年(昭30)大蒲原、十全(じゅうぜん)、川内(かわち)の3村と菅名(すがな)村の一部と合併。2006年(平成18)五泉市に合併。国道290号が通じる。中心の村松は、近世は堀氏3万石の城下町として栄え、近代は歩兵三〇連隊が置かれて軍都として繁栄した。古くから織物が盛んで、村松茶の名産地でもある。阿賀野(あがの)川谷口のだしかぜ(出風)によりたびたび大火にみまわれたため市街地の近代化が進んだ。東部を流れる早出川(はいでがわ)の扇状地面は豊富な湧水(ゆうすい)池に恵まれコイの養殖が盛んである。上流は峡谷美を誇る景勝地で、奥早出粟守門(あわすもん)県立自然公園に指定されている。村松公園は桜の名所で、大沢鍾乳洞(しょうにゅうどう)や金割(かなわり)温泉もある。

[山崎久雄]

『『村松町史』全7巻(1976~1983・村松町)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

むら‐まつ【村松】
〘名〙 (江戸日本橋村松町に刀鍛冶が集まっていたところから) でき合いの安物の刀剣。
※歌舞伎・謎帯一寸徳兵衛(1811)大切「なにサ。身が二腰は村松(ムラマツ)出来合ひ。二分一本の名作だ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

むらまつ【村松】
姓氏の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

村松」の用語解説はコトバンクが提供しています。

村松の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation