@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

村田清風【むらた せいふう】

美術人名辞典

村田清風
江戸後期の藩政家。長門萩藩士。は子則、松斎東陽・梅堂等。財政経済の才能に富み、天保改革を遂行した。改革派として周布政之助・高杉晋作らに大きな影響を与えた。安政2年(1855)歿、73才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

むらた‐せいふう【村田清風】
[1783~1855]江戸後期の長州藩士。藩主毛利敬親(もうりたかちか)に登用されて藩政改革を推進し、兵制の改革殖産興業を行い、長州藩興隆の基礎を築いた。むらたきよかぜ。→越荷方

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

村田清風 むらた-せいふう
1783-1855 江戸時代後期の武士。
天明3年4月26日生まれ。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩士。当役用談役となり,天保(てんぽう)の藩政改革を主導藩債整理,越荷方(こしにかた)の拡充,専売制強化などのほか,兵制改革につとめる。弘化(こうか)元年内外の反発をうけて退任した。安政2年5月26日死去。73歳。初名は順之,将之。字(あざな)は穆夫。通称は四郎左衛門,織部。号は松斎など。名は「きよかぜ」ともよむ。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

村田清風 むらた-きよかぜ

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

防府市歴史用語集

村田清風
三隅町出身。5代の藩主につかえ、財政関係の責任者として萩藩の改革を進めました。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

むらたせいふう【村田清風】
1783‐1855(天明3‐安政2)
幕末の長州藩士。正しくは〈きよかぜ〉。大津郡三隅村の郡代官の家に生まれる。初名は順之で,四郎左衛門,晩年に織部と称する。藩校明倫館に学び,右筆役に就いて異船防御のため,後に神器陣として知られる新軍制を研究し,能吏として認められた。1838年(天保9)仕組掛に任じ,その後,手元役,用談役と昇進して天保藩政改革を推進した。商業高利貸資本の抑圧や藩政の復古を政策として掲げ,莫大な藩債を整理し,藩営専売を再編成し,越荷方(倉庫・金融業の役所)の経営を行い,また藩内綱紀の粛清のために評定所を強化した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

村田清風
むらたせいふう
[生]天明3(1783).4.26. 長州
[没]安政2(1855).5.26. 長州
江戸時代後期の長州藩政の改革推進者。通称,亀之助,新左衛門。郡代官の子。藩校明倫館に学んだ。文化5 (1808) 年藩主の近侍,郡奉行を経て文政 13 (30) 年撫育方 (ぶいくかた) ,次いで当役相談方となり,窮迫した藩の財政再建尽力。借金制の緩和,越荷方 (こしにかた) を設置,兵制,教学の改革をはかり,藩力の向上にめざましい指導力を発揮した。弘化2 (45) 年引退して私塾道場尊聖堂を開き,安政2 (55) 年藩庁相談役に再任されたがまもなく病死。彼の影響を受けて周布政之助らの後継者が輩出した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

村田清風
むらたせいふう
(1783―1855)

幕末期長州藩の藩政改革の推進者。大組(おおぐみ)(馬廻組(うままわりぐみ))士、禄高(ろくだか)50石の家に生まれ、父は代官であった。初名順之(よりゆき)、のち清風。通称は四郎左衛門。少年時、藩校明倫館(めいりんかん)で学び、のち江戸へ出て塙保己一(はなわほきいち)に学ぶが、このころより海防について深い関心を抱く。1819年(文政2)家督相続後藩府に出仕し、各職座を歴任して頭角を現した。とくに13代藩主毛利敬親(もうりたかちか)に重用され、1838年(天保9)表番頭(おもてばんがしら)に抜擢(ばってき)されてからは、天保(てんぽう)の改革の立案・推進者となった。天保改革は(1)江戸藩校有備館(ゆうびかん)の設立、(2)西洋式大操練の実施、(3)淫祠(いんし)の解除、(4)農村の実態調査、(5)藩校明倫館の改築と整備、(6)藩直営の会所の拡充、(7)藩専売制の強化などであり、この政策は清風の立案したものであった。しかし、1844年(弘化1)反対派の坪井九右衛門(くえもん)に政務の実権を奪われ、郷里大津郡三隅(みすみ)村(山口県長門(ながと)市三隅)に引きこもる。同所で近隣の子弟の教育にあたり、一時要職に復帰するが、安政(あんせい)2年死去。

[広田暢久]

『山口県教育会編『村田清風全集』全2巻(1985・マツノ書店)』『真鍋繁樹著『義なくば立たず――幕末の行財政改革者・村田清風』(1996・講談社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

村田清風 (むらたせいふう)
生年月日:1783年4月26日
江戸時代後期の長州(萩)藩士;藩政改革の指導者
1855年

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

むらた‐せいふう【村田清風】
幕末の長州藩士。通称四郎左衛門。号は松斎。資性弘毅果断、経綸の才に富んで経済に通じた。天保一一年(一八四〇)当役用談役として藩政改革をすすめ、財政の確立、士風の作興、文武の精励に努めたが失脚。しかし、長州藩の借財もなくし維新推進の基礎となった。天明三~安政二年(一七八三‐一八五五

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

村田清風
むらたせいふう
1783〜1855
幕末の長州藩士で,藩政改革の指導者
通称亀之助,名は順之,のち清風。号を松斎という。明倫館に学ぶ。天保初年(1830)の大一揆以来,改革派の指導者として,下級武士富農・富商を基盤に,士民救済の借金の年賦返済法や越荷方 (こしにかた) の拡大など,財政整理・殖産興業・兵制改革を行い,幕末,長州藩の討幕運動の基礎をつくった。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

村田清風」の用語解説はコトバンクが提供しています。

村田清風の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation