@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

東エルサレム【ヒガシエルサレム】

デジタル大辞泉

ひがし‐エルサレム【東エルサレム】
エルサレム東部、1947年の国連によるパレスチナ分割案によってパレスチナ人居住地とされた地区。嘆きの壁聖墳墓教会岩のドームなどがある旧市街を含み、1981年に「エルサレムの旧市街とその城壁群」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。中東戦争以降イスラエル実効支配しているが、パレスチナ暫定自治政府もパレスチナ人国家の首都としており対立している。→西エルサレム

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

東エルサレム
エルサレムは、1948年の建国以来イスラエル領だった西エルサレムと、67年の第3次中東戦争でイスラエルに占領併合された東エルサレムに分かれる。イスラエルはさらに64平方キロをヨルダン川西岸地区からエルサレムに編入して拡大し、合わせて「不可分の首都」と主張している。併合を正当化するため、東エルサレムに住むパレスチナ人にも身分証と東エルサレムへの居住権を与えた。 国際社会はエルサレムをイスラエルの首都とは認めず、その帰属は「イスラエルとパレスチナの和平交渉で決めるべきだ」としてきた。だが、東エルサレムの「ユダヤ化」は着々と進んでいる。パレスチナ人32万人超に対し、占領前にはいなかったユダヤ人入植者が21万人に上っている。
(2019-03-25 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

東エルサレム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

東エルサレムの関連情報

関連キーワード

カザン(Elia Kazan)新藤兼人カシミールジュネイーグルス2025年問題ロジンスキー日野T11B+T25型トレーラーバスみずしま3輪 TM3A国家行政組織法

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation