@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

東ゴート王国【ひがしゴートおうこく】

世界大百科事典 第2版

ひがしゴートおうこく【東ゴート王国】
5世紀から6世紀に東ゴート族イタリアを中心に建設したゲルマン部族国家。ドイツ語ではReich der Ostgotenと称する。スカンジナビアを発祥地とされるゴート人は,東ゲルマン人の一派で,3世紀に東西二つの集団に分かれた。バルカン半島や小アジアなどの,自らの領域内での東ゴート族の略奪・侵入行動に悩んだビザンティン皇帝ゼノンは,テオドリック大王の率いるこの部族に,オドアケル支配下のイタリアへの遠征を勧めた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

旺文社世界史事典 三訂版

東ゴート王国
ひがしゴートおうこく
Ostgoten (ドイツ)
493〜555
ゲルマン人の一派である東ゴート族がイタリアに建てた国
テオドリックに率いられてイタリアに侵入し,オドアケルを倒して建国。首都はラヴェンナゴート人とローマ人を別個の支配体系下に置く分離統治を行い,ボエティウスやカシオドルスなどローマ人の文官を重用した。一時ゲルマン諸国家にを唱えたが,東ローマ帝国皇帝ユスティニアヌスの将軍ベリサリオスナルセスにより滅ぼされた。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東ゴート王国」の用語解説はコトバンクが提供しています。

東ゴート王国の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation