@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

東ゴート【ひがしごーと】

世界大百科事典 第2版

ひがしごーと【東ゴート】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

東ゴート
ひがしごーと
Ostrogoths

東ゲルマン系のゴート人の一分派をなす集団。ゴート人は1世紀ごろビスワ川下流域に居住していたが、3世紀までにドナウ川下流域、黒海北西岸に移動し、東ゴート人と西ゴート人とに分かれた。370年ごろ東方から侵入してきたフン人に征服されたが、アッティラの死(453)によってフン帝国が崩壊したのち独立を回復し(474)、アマラー家の王権が確立した。テオドリック大王は、東ゴート人を率いて、483年にはローマ領のダキア、モエシアに、488年にはさらにイタリアに侵入し、オドアケルを破って東ゴート王国を建てた。テオドリックは、ローマ系文化人を登用し、東ゴート人とローマ系住民との融和を図り、王国の最盛期を実現したが、晩年には東ゴート系住民のアリウス派信仰と、ローマ系住民のカトリック信仰との対立が深刻化し、ローマ教皇との関係も悪化した。彼の死(526)後、ビザンティン帝国の皇帝ユスティニアヌス1世は征服戦争を開始し(535)、ゴート人はビティギス、ついでトティラを王にいただき、激しい抵抗を続けたが、555年、王国はついに滅亡した。

[平城照介]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東ゴート」の用語解説はコトバンクが提供しています。

東ゴートの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation