@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

東シナ海低気圧【ひがしシナかいていきあつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

東シナ海低気圧
ひがしシナかいていきあつ
東シナ海で発生し,発達しながら東ないし東北東方向に進む低気圧。特に冬季や春の初め頃に八丈島付近を通過すると関東平野部で大雪となることがある。この低気圧は日本の東に抜け,急速に発達して北日本に荒れた天気をもたらし,爆弾低気圧と呼ばれることがある。南岸低気圧のうち東シナ海で発生するものも東シナ海低気圧と呼ぶ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

東シナ海低気圧
ひがししなかいていきあつ

東シナ海や台湾近海に発生する温帯低気圧。急速に発達しながら、日本の南海上を通り、南岸の地方を中心に雨や雪を降らせ、さらに北東に進んで北日本に暴風雨や暴風雪をもたらす。この低気圧が発生するときは、大陸の高気圧が舌状に日本付近にやや北偏して張り出し、その南西の縁辺にあたる東シナ海や台湾近海の等圧線が北方に丸みを帯びてくぼみ、東西方向に伸びる停滞前線が波を打つ形となって温暖前線と寒冷前線になる。冬から春にかけてよく現れる。かつては「台湾坊主」ともよばれた。台湾坊主の名は、発生期の等圧線の形に由来するといわれる。

[倉嶋 厚・青木 孝]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東シナ海低気圧」の用語解説はコトバンクが提供しています。

東シナ海低気圧の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation