@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

東プロイセン【ひがしぷろいせん】

世界大百科事典 第2版

ひがしぷろいせん【東プロイセン】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

東プロイセン
ひがしぷろいせん
Ostpreußen

東ヨーロッパのバルト海沿岸、ビスワ(ワイクセル)川からネマン(メーメル)川に至る地方の歴史的呼称。プロイセンの名はこの地の先住民バルト民族のプロイセン人に由来する。ドイツ人の東方植民の過程で、1231~83年この地はドイツ騎士団に征服され、騎士団はここに騎士団長を支配者とするドイツ騎士団国を建設した。この国は14世紀に穀物貿易で栄えたが、1410年タンネンベルクの戦いでポーランドに敗れてから勢力が衰えた。首都は最初マリエンブルク(ポーランド語名マルボルク)、のちケーニヒスベルク(ロシア語名カリーニングラード)。

 1525年ホーエンツォレルン家出身の騎士団長アルブレヒトのもとで宗教改革が行われ、騎士団国は世俗のプロイセン公国となる。1618年プロイセン公の男系断絶に際し、同族ホーエンツォレルン家のブランデンブルク選帝侯がこの国を相続し、以後プロイセンはブランデンブルクと結び付いて新しい発展の時代を迎える。1701年フリードリヒ1世は神聖ローマ帝国の領域外にあったプロイセンについて王号を得、以後ブランデンブルク・プロイセン全体がプロイセン王国とよばれるようになるが、他方、元来のプロイセンは、18世紀末のポーランド分割で得られた西プロイセンと区別するため、東プロイセンとよばれてプロイセン王国の一州となった。第二次世界大戦後、東プロイセンはその北部がソ連(現ロシア)領に、南部はポーランド領になった。

[坂井榮八郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東プロイセン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

東プロイセンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation