@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

東京ラウンド【とうきょうラウンド】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

東京ラウンド
とうきょうラウンド
新国際ラウンドともいう。 1960年代のケネディ・ラウンドに代る新しい非関税障壁撤廃と大規模な関税一括引下げ交渉をいう。 1973年9月東京で開催されたガット閣僚会議において交渉開始の宣言が採択されたので,東京ラウンドと略称される。その直後石油危機,世界的な不況,保護主義化傾向のもとで予定より大幅に遅れたが,79年5月日本,アメリカ,ヨーロッパ共同体 ECなど先進国間で交渉が大筋妥結した。そのおもな内容は鉱工業製品関税 33%引下げのほか,農産物の貿易自由化,非関税障壁の分野で新協定が成立したことなどであるが,選択的セーフガード新設は未決着に終った。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

とうきょう‐ラウンド〔トウキヤウ‐〕【東京ラウンド】
1973年9月から始まった関税および貿易に関する一般協定(GATT)における多国間の多角的貿易交渉。貿易自由化の推進を目標とし、関税のほかにも非関税障壁セーフガード開発途上国問題も取り上げた。1979年妥結。→ウルグアイラウンド

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とうきょうラウンド【東京ラウンド Tokyo round (of multinational trade negotiations)】
GATT(ガツト)が主催した第7回一般関税交渉の通称。1973年9月から5年7ヵ月をかけ,99ヵ国の参加によりジュネーブを中心に行われた大規模な多国間貿易交渉である。MTN交渉ともいう。GATT閣僚会議で採択された〈東京宣言〉で交渉がスタートしたのでこの名がある。ケネディ・ラウンド後1970年代に入って,71年8月ニクソン・アメリカ大統領による10%の輸入課徴金適用,金兌換(だかん)の停止などを含めた新経済政策の発表を契機に,IMF‐GATT体制は動揺することになった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

東京ラウンド
とうきょうらうんど
Tokyo Round
第二次世界大戦後に成立したガット(世界貿易機関=WTOの前身)は、原則として貿易を自由化し加盟国間にそれを無差別に適応するという基本理念に従って、1960年代まで数回の貿易・関税交渉を行ってきたが、そのなかで最大の成果が得られた交渉が、ケネディ・ラウンドとよばれる第6回の交渉であり、それによって関税は大幅に引き下げられ、自由貿易体制は大きく前進した。しかし70年代に入ると、アメリカの相対的な経済力の低下により保護主義が台頭し、一方ヨーロッパ共同体(EC。EU=ヨーロッパ連合の前身)でも地域主義化の傾向を強めるなど、世界経済の保護主義化の気運のもとでガット体制は動揺した。このような背景のもとに、日本やカナダなどのイニシアティブによって、73年に東京で開催されたガット閣僚会議の決議に基づいて開始されたのが、東京ラウンドまたは新国際ラウンドとよばれる多角的貿易交渉である。
 その目標は、世界貿易の拡大と自由化を推進して各国の福祉を向上すること、とくに開発途上国の貿易の拡大とその利益を確保することなど、基本的な理念はケネディ・ラウンドのそれと同じであるが、東京ラウンドで重点が置かれた交渉課題は、ケネディ・ラウンドで残された非関税障壁の軽減や廃止の問題、保護主義の気運のなかで乱用のおそれのあるセーフガード措置の監視体制や発動要件の明確化の問題、一般的な目標と農業の特殊性をどう調和させるかという問題、開発途上国の経済発展との関連で熱帯産品をどう優先的に取り扱うかという問題、などであった。
 当初は1975年中に終了することを目ざしたが、開始直後に第一次の石油危機が発生して交渉は一時中断されるなどの曲折を経て、約6年後の79年に主要諸国は調印にこぎ着けた。交渉はいくつかのグループに分かれて行われ、関税については、主要諸国の工業品の関税率は80年から8年間にわたって平均で約33%引き下げることが決定された。非関税障壁については、相殺関税の発動要件や補助金に関する措置を規定した協定、ダンピング防止税の発動要件を明確化した協定など、八つの協定が生まれた。そのほかでは、熱帯産品の関税引下げや開発途上国に対する特別優遇措置の容認などの成果もあるが、緊急輸入制限の発動要件の明確化やその監視制度を規定する多角的なセーフガードに関する規律の作成については、その選択的適用をめぐって各国の意見が対立し、合意するまでには至らなかった。[志田 明]
『蔦信彦著『東京ラウンド――80年代の国際貿易体制』(1979・ニュートンプレス) ▽日本経済新聞社編・刊『80年代の貿易ルール――東京ラウンドのすべて』(1979) ▽東京ラウンド研究会編『東京ラウンドの全貌』(1980・日本関税協会) ▽日本関税協会編・刊『東京ラウンド関係協定集』(1980) ▽池田美智子著『ガットからWTOへ――貿易摩擦の現代史』(ちくま新書)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東京ラウンド」の用語解説はコトバンクが提供しています。

東京ラウンドの関連情報

関連キーワード

新藤兼人磯崎新川添登国際通貨問題黒人文学メタボリズム安保闘争教育改革コーマン鈴木清順

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation