@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

東京日日新聞【とうきょうにちにちしんぶん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

東京日日新聞
とうきょうにちにちしんぶん
現在の『毎日新聞』 (東京) の前身で,明治5 (1872) 年2月 21日創刊された東京初の日刊紙。創刊者は戯作者の条野伝平,浮世絵師の落合芳幾らで,江藤新平らが後援した。 1873年に岸田吟香が入社。 74年には福地源一郎が社長となり民権運動のなかで御用新聞の色を濃くしたが,88年に黒田清隆内閣 (薩摩系) が成立すると,伊藤博文ら長州閥に近かった福地は退社した。やがて伊東巳代治の手に移り,92年には朝日奈知泉が主筆となり,1904年 10月加藤高明 (三菱系) の所有となった。 06年『大阪毎日新聞』の本山彦一は東京進出を志し,『電報新聞』 (1903創刊) を買収して『毎日電報』と改題したが経営不振であった。 11年に本山は加藤が官界復帰のため手放した『東京日日新聞』を三菱から買収し,『毎日電報』もこれに統合した。こうして西の『大阪毎日』,東の『東京日日』という全国紙体制が明治末年に整った。 23年の関東大震災では社屋も焼けず,大阪からの援助もあって急激に発展。大正天皇崩御の直後,「次の元号は光文と決定」という号外を出す大誤報事件を起したが,29年には『国民新聞』を去った徳富蘇峰社賓に迎え,『近世日本国民史』の連載を開始,好評を受けた。 43年1月1日から『大阪毎日新聞』と題字を統一し『毎日新聞』になった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

とうきょう‐にちにちしんぶん〔トウキヤウ‐〕【東京日日新聞】
明治5年(1872)に創刊された東京で最初の日刊新聞。岸田吟香雑報福地桜痴の政府支持の論説で知られた。同44年大阪毎日新聞に買収され、昭和18年(1943)毎日新聞題号を統一。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

東京日日新聞
日本の新聞のひとつ。1872年2月、東京初の日刊紙として創刊。のちに入社した福地桜痴(おうち)が社説を担当、代表的な大新聞(おおしんぶん)としての地位を固める。その後、自由民権運動が盛んになると“御用新聞”との批判を受けるようになり勢力失墜、福地も退社した。1911年、「大阪毎日新聞」の傘下に入り、1943年から「毎日新聞」となる。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とうきょうにちにちしんぶん【東京日日新聞】
東京における最初の日刊新聞で,現在の《毎日新聞》東京本社の前身にあたる。1872年(明治5)2月に条野伝平らによって設立された日報社より創刊された。74年末に入社した福地桜痴(おうち)が社説欄を創設,政府御用新聞としての立場を鮮明に打ち出し,自由民権派の政論新聞に対抗して健筆をふるった。明治前期には岸田吟香末松謙澄らも活躍した。80年前後からの政府批判の高まりとともに御用新聞批判が強まり,しだいに勢力を弱め,88年福地は社長の座を関直彦(1857‐1934)に譲り,退社した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

とうきょうにちにちしんぶん【東京日日新聞】
1872年(明治5)創刊された日刊新聞。福地源一郎が民権論に対抗する論陣を張った。1943年(昭和18)「毎日新聞」に吸収される。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

東京日日新聞
とうきょうにちにちしんぶん
1872年(明治5)2月21日に創刊された東京初の日刊紙。条野採菊(じょうのさいぎく)(戯作(げさく)者)、落合芳幾(よしいく)(浮世絵師)、西田伝助(本屋の番頭)が発刊した新聞だが、翌73年甫喜山(ほきやま)景雄、岸田吟香(ぎんこう)が入社、岸田は74年5月台湾出兵に初めて従軍、紙上をにぎわわせた。ついで福地桜痴(おうち)が入社、12月2日から社説を掲載するとともに「太政官(だじょうかん)記事印行御用」を掲げて権威を高め、代表的大(おお)新聞としての性格と地位を固めた。以後、福地の論説は政府ならびに各界に影響を及ぼすとともに、政府の官報の役割を果たした。
 しかし、自由民権運動が盛んになるとともに、福地の主権在君論や漸進主義は、しだいに「御用記者」との批判を強め、82年、福地が政府支持の帝政党を組織したころから『東京日日新聞』の勢力は失墜し始めた。85年には勢力挽回(ばんかい)のため、わが国で初めて朝夕刊発行を1年間試みたりしたが形勢は変わらず、88年7月福地は退社、以後、関直彦(せきなおひこ)、伊東巳代治(みよじ)、朝比奈知泉(ちせん)が主宰し、伊藤博文(ひろぶみ)、井上馨(かおる)、山県有朋(やまがたありとも)らの長州閥系紙となる。日露開戦のときは、伊藤の政策を支持、最後まで対露外交交渉を説いた。1904年(明治37)三菱(みつびし)の手に渡るが欠損が続き、11年3月『大阪毎日新聞』の経営下に入り、全国紙へと発展(題号はそのまま)、43年(昭和18)1月『毎日新聞』に題号を統一した。[春原昭彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とうきょう‐にちにちしんぶん トウキャウ‥【東京日日新聞】
東京最初の日刊新聞。明治五年(一八七二)創刊。岸田吟香の雑報、福地源一郎(桜痴)の論説で声価が高かった。同四四年大阪毎日新聞に吸収された。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東京日日新聞」の用語解説はコトバンクが提供しています。

東京日日新聞の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation