@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

東北【トウホク】

デジタル大辞泉

とう‐ほく【東北】
《古くは「とうぼく」か》東と北との中間の方角。北東。うしとら。
東北地方」の

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とうぼく【東北】
謡曲。三番目物旅僧が都の東院で梅を眺めていると、昔この梅を植えてめでていた和泉式部が現れ、当時のようすを語る。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひがし‐きた【東北】
東と北との中間方角。とうほく。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トンペー【東北】
《「東北」の中国語読み》東北大学俗称

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とうほく【東北 Dōng běi】
中国の大地域の一つ。東北部にある遼寧吉林,黒竜江3省の総称。かつて清王朝をつくった満州族の故地にあたるので,満州と呼ばれたこともある。清代には封禁の地とされ,漢族入植を禁止していたが,ロシア帝国東方への侵略が進展したため,辺防の必要から入植を認め,清末に至って上記3省を置いた。したがって本地域を東三省とも呼んだ。なお1949年の解放直後,当時置かれていた遼東,遼西,吉林,黒竜江,熱河,松江の6省と瀋陽鞍山,本渓,撫順,旅大,長春,ハルビン(哈爾浜)7市を管轄する大行政区として東北区が置かれたが,54年廃止された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

とうぼく【東北】
能の曲名三番目物鬘物(かつらもの)。作者不明。シテは和泉式部の霊。旅の(ワキ)が都に着き,東北院の梅を眺めていると,若い女(前ジテ)が現れ,この寺はもと中宮上東門院の御所で,そのころ仕えていた和泉式部が植えたのがこの梅だと教え,実は自分がこの花の主(あるじ)だといって姿を消す。僧が読経をしていると,和泉式部の霊(後ジテ)が生前の姿で現れ,昔,門前に車で来かかった関白藤原道長が車中で読経していた声を聞いて,〈門(かど)のほか法(のり)の車の音聞けばわれも火宅を出でにけるかな〉と詠んだことが思い出されると僧に話しかける。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

とう‐ほく【東北】
[1] 〘名〙 (古くは「とうぼく」か) 東と北との中間の方角。ひがしきた。北東。うしとらの方。また、東と北。
※菅家後集(903頃)元年立春「偏憑延喜開无暦、東北廻頭拝斗杓」 〔易経‐説卦〕
[2]
[一] 東北地方の通称。
※東西南北(1896)〈与謝野鉄幹〉自序「東北、宮城岩手青森諸県、大海嘯の惨状を想像しつつ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とうぼく【東北】
謡曲。三番目物。各流。作者不詳。古名「軒端梅」。東国の僧が都の東北院で梅をながめていると、里の女が来て、この梅はむかし和泉式部が軒端の梅と名づけてながめた木であるといわれを語り、自分はその梅の主だと告げて姿を消す。その夜、僧の夢の中に和泉式部が現われ、むかし御堂関白がこの門前を通ったとき和歌を詠んだことや和歌の功徳を語って舞をまう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひがし‐きた【東北】
〘名〙 東と北との中間の方角。とうほく。
※浮世草子・好色一代男(1682)一「ひがし北の家陰(やかげ)に」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東北」の用語解説はコトバンクが提供しています。

東北の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation