@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

東名高速道路【とうめいこうそくどうろ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

東名高速道路
とうめいこうそくどうろ
東京都世田谷区から愛知県小牧市までの高速道路。1969年全線開通,全長 346.7km。東京―御殿場間 6車線,御殿場―小牧間 4車線。曲線の多いのが特徴で,直線路は全体の 4.3%にすぎない。京浜地方と中京地方を結ぶ重要な幹線道路で,東海道メガロポリスを貫く日本の大動脈。西は小牧で名神高速道路に連絡,東は世田谷区から都内各地に通じる。開通の時期が日本経済の高度成長期に一致したため,予想以上の交通量を吸収し,長距離の貨物輸送に貢献するところが大きかった。交通渋滞や事故が多発していたが,新東名高速道路の開通により緩和された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

東名高速道路
正式名称は「第一東海自動車道」。東京都世田谷区の東京インターチェンジ(IC)と愛知県小牧市の小牧IC間の約347キロを結ぶ。約3400億円(当時)をかけて建設、1969年5月26日に全線が開通した。現在39カ所のIC、23カ所のSA、PAがある。1日あたりの利用台数は、開通当時の約11万台に対し2017年度は約41万台。
(2019-05-24 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

とうめい‐こうそくどうろ〔‐カウソクダウロ〕【東名高速道路】
東京都世田谷区と愛知県小牧市を結ぶ高速自動車国道。昭和44年(1969)全線開通。全長346.7キロ。第一東海自動車道。→東海自動車道

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とうめいこうそくどうろ【東名高速道路】
正式名称は東海自動車道で,東京から愛知県小牧市まで全長346.7kmの高速道路。1969年に完成し,先に開通した名神高速道路と結んで,東海道メガロポリスを貫く日本最大の交通動脈となった。1996年度の利用台数は41万台/日,料金収入は2679億円,平均断面交通量は8万台/日弱に及ぶ。なかでも貨物車が多く,産業的利用が盛んである。名神高速道路と合わせて自動車による全国輸送人キロの2%,トラックによる全国貨物輸送トンキロの17%を担っている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

とうめいこうそくどうろ【東名高速道路】
東京都世田谷区と愛知県小牧市を結ぶ高速道路。延長346.7キロメートル。1969年(昭和44)全線開通。世田谷区で首都高速道路と、小牧で中央自動車道・名神高速道路と接続。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

東名高速道路
とうめいこうそくどうろ
東京都から東海地方を通り、小牧市に至る高速道路。管理は中日本高速道路。法律上の名称は第一東海自動車道で、起点の東京都世田谷(せたがや)区から、神奈川県厚木(あつぎ)市、静岡県御殿場(ごてんば)市、沼津市を経て、静岡県・愛知県を国道1号に並行して西へ進み、愛知県小牧(こまき)市で中央自動車道西宮(にしのみや)線に接続する(この間、海老名(えびな)市、伊勢原(いせはら)市、御殿場市、静岡市、浜松市、豊田市で計画路線の第二東海自動車道と接続する)。延長347キロメートル、東京都―御殿場市間は6車線(一部7車線)、他は4車線である。1965年(昭和40)に全線開通した名神高速道路(中央自動車道西宮線の一部)とともに、東海道ベルト地帯の輸送の大動脈となっているほか、沿線地域の開発の進展に大きな役割を果たしている。
 1962年(昭和37)から建設にとりかかり、1968年に一部が開通、1969年に全線が開通した。2010年度(平成22)では、平均して1日約43万台の利用台数があった。[下保 修]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とうめい‐こうそくどうろ ‥カウソクダウロ【東名高速道路】
高速自動車国道第一東海自動車道の通称。「東名」は東京と名古屋の意で、東京都世田谷区から静岡市を経由して愛知県小牧市に至る。昭和四四年(一九六九)開通。全長三四六・七キロメートル。小牧市で名神高速道路と接続する。東名。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東名高速道路」の用語解説はコトバンクが提供しています。

東名高速道路の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation