@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

東和【とうわ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

東和
とうわ
岩手県中部,花巻市南東部にある旧町域。 1955年土沢町と小山田村,中内村,谷内村の3村が合体し東和町が成立。 2006年花巻市,大迫町,石鳥谷町と合体し花巻市となった。旧町名は明治の一時期の郡名,東和賀に由来する。中心地の土沢は三陸海岸と内陸部を結ぶ釜石街道 (国道 283号線) の宿駅として栄えたところ。古くから穀倉地帯で,猿ヶ石川中流の田瀬ダムの利用でさらに農業用地の開発が進んでいる。伝統的な織物 (さき織) や,和紙製造も行なわれる。釣りでにぎわう田瀬湖や北成島の成島毘沙門堂 (本尊の兜跋毘沙門天立像とともに国の重要文化財) があり,土沢にこの町の生んだ洋画家万鉄五郎記念館がある。北部の上小山田に国の天然記念物カズグリ自生地がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東和
とうわ
宮城県北東部,登米市北東部の旧町域。北上高地西斜面に位置し,北は岩手県に接する。 1957年米谷町と日高村が合体して東和町が成立。 2005年町,登米町,中田町,豊里町,米山町,石越町,南方町,津山町の8町と合体して登米市となった。山地が多く,タバコの栽培酪農,農林業が行なわれる。中心地区の米谷はかつて北上川の河港であった。狼河原 (おいかわら) は西郡街道 (国道 346号線) の街村で,古くからキリシタン村といわれ,大柄沢キリシタン洞窟,殉教者をまつる三経塚,切捨場など刑場跡や,布教に尽力した後藤寿庵がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東和
とうわ
福島県北東部,二本松市北東部の旧町域。 1955年戸沢村,針道村,木幡村,太田村の4村が合体して東和村となり,1960年町制。 2005年二本松市,安達町,岩代町と合体して二本松市となった。大部分阿武隈高地上にあり,有機野菜と緑化木の栽培,畜産などが盛ん。隠津島神社の木幡の幡祭り (こはたのはたまつり) は国の重要無形民俗文化財に指定。国指定天然記念物の木幡の大スギがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東和
とうわ
山口県南東部,大島 (屋代島) の東半を占める地区。旧町名。 1955年白木,森野,和田,油田の4村が合体して町制。 2004年 10月,久賀町,大島町,町と合併し,周防大島町となる。地区は東西に長い半島状で,情島をはじめ大小の島を属島として含む。ミカン栽培やノリ,カキ魚類の養殖業が行なわれる。東端伊保田港戦艦陸奥」の記念館がある。その東方の情島は里子による梶子 (かじこ) の島として知られた。海岸線は屈曲に富み,鯛峰や白木山一帯と情島の一部は瀬戸内海国立公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東和」の用語解説はコトバンクが提供しています。

東和の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation