@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

東大寺要録【とうだいじようろく】

世界大百科事典 第2版

とうだいじようろく【東大寺要録】
全10巻。本願章,縁起章,供養章,諸院章,諸会章,諸宗章,別当章,封戸(ふこ)水田章,末寺(まつじ)章,雑事章の10章から成る。序文によれば1106年(嘉承1)の編纂であるが,34年(長承3)に観厳によって増補され,さらにその後も追加増補された。多くの史料が引用され,奈良・平安期の東大寺の組織,年中行事,寺領荘園,末寺等を知る上での基本文献。《続々群書類従》所収。【稲葉 伸道】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

東大寺要録
とうだいじようろく

平安院政期につくられた東大寺の寺誌。東大寺寺僧がその興隆を願い、1106年(嘉承1)編集したと序文にある。その後、さらに増補再編がなされたもようで、奥書から1134年(長承3)には東大寺観厳が編集したことがわかる。本願・縁起・供養・諸院・諸会・諸宗・別当・封戸水田・末寺・雑事という項目で構成され、全10巻10章からなっている。東大寺についての枢要な事項を、当時伝来していた古文書や古記録をもとにまとめたもので、本書は寺僧にとって一種の規範としての役割ももったであろう。東大寺史のみならず、古代~院政期の政治・経済・社会・文化など幅広い分野にわたっての研究史料としてもきわめて重要な内容をもつ。また本書には『延暦僧録』の逸文など、現存しない貴重史料も含まれている。1241年(仁治2)の古写本2冊が醍醐寺に、1485年(文明17)の写本が東大寺に存す。いずれも国指定重要文化財。刊本としては筒井英俊校訂『東大寺要録』(1971・国書刊行会)、『続々群書類従』、『大日本仏教全書』などがある。

[久野修義]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とうだいじようろく ‥エウロク【東大寺要録】
平安後期の仏書、史書。一〇巻。嘉承元年(一一〇六)成立。東大寺の古記録を集め一〇章に分類編集したもの。長承三年(一一三四)観厳らが再編したものが伝存。奈良・平安時代の東大寺の沿革だけでなく古代の仏教史や社会経済史についての重要史料。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東大寺要録」の用語解説はコトバンクが提供しています。

東大寺要録の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation