@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

東山【ひがしやま】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

東山
ひがしやま
岩手県南端,一関市中北部の旧町域。北上川の支流砂鉄川沿いにある。 1955年長坂村と田河津村が合体して東山村となり,1958年松川村を編入して町制。 2005年一関市,花泉町,大東町,千厩町,室根村,川崎村の6市町村と合体して一関市となった。地名は古代以来の地域名による。中世以降葛西氏一門の所領であったが,のち伊達氏が支配。大部分北上高地南部の丘陵地帯に属し,耕地は砂鉄川の流域に開ける。米作畜産が中心。石灰岩の埋が豊富で,セメント工場がある。伝統の手すき和紙である東山和紙 (とうざんわし) や紫雲石 (しうんせき) のは特産。石灰岩地帯を流れる砂鉄川の両岸に形成された猊鼻溪は国の名勝に指定されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東山
ひがしやま
京都府京都盆地北東部にある丘陵性の山地京都市の旧市街の東をかぎり,南北に連なる。最高峰如意ヶ岳(477m)。北は大文字山(466m)から南は桃山丘陵にいたり,延長約 10km。清水山(243m),稲荷山(233m)などのが連なり「東山三十六峰」と称される。一帯は東山特別風致地に指定。山稜上を,九条山から将軍塚を経て渋谷にいたる東山ドライブウェイが走る。山麓沿いに慈照寺南禅寺知恩院八坂神社円山公園清水寺東福寺伏見稲荷大社などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

とう‐さん【東山】
《「とうざん」とも》東方の山。
東山道」の
「義仲も―北陸両道をしたがへて」〈平家・七〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひがし‐やま【東山】[地名]

東方の山。
京都市の東を限る山々。丘陵性の山地で、如意ヶ岳稲荷山などが連なり、東山三十六峰とよばれる。山清水寺知恩院などがある。→西山
京都市の区名。鴨川の東に位置する。昭和51年(1976)山科(やましな)区を分区。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひがしやま【東山】[姓氏]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクション

ひがしやま【東山】
福島の日本酒。酒名は、朝日が昇る山の意で創業時に兵庫酒造家から譲り受けたもの。蔵元の「東山酒造」は明治期創業。現在は廃業。蔵は会津若松市相生町にあった。

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ひがしやま【東山】
京都盆地の東側の山地,または鴨川東岸のその山麓部一帯の総称。山地をさす場合,北は比叡山から南は稲荷山までとするのが一般的であり,京都市左京区,東山区山科区伏見区にまたがる。南北に連なる東山の峰々は〈東山三十六峰〉とも称されるが,諸説あってそのすべてを確定することはできない。山腹送り火がたかれる大文字山(466m)とその東の如意ヶ岳(474m)をほぼ中心に,北側は花コウ岩,南側は古生層からなり,概して南側の方はなだらかで,嵐雪のふとん着て寝たる姿や東山〉はよく知られる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

とうさん【東山】
とうざんとも
東の山。
◇「東山道」の略。 東海・-の国々/今昔 25

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひがしやま【東山】
京都市の東を限る丘陵性の山地。如意ヶ岳(海抜474メートル)を中心になだらかな山々が続き、東山三十六峰といわれる。山麓に銀閣寺・知恩院などがある。 → 西山

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひがしやま【東山】
姓氏の一。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とう‐さん【東山】
[1] 〘名〙 (「とうざん」とも) 東方の山。ひがしのやま。
※文華秀麗集(818)上・秋夕南池亭子臨眺〈淳和天皇〉「明月東山看漸出、莫愁白日巖頭曛」 〔詩経‐豳風・東山〕
万葉(8C後)六・九七二・左注「右撿補任文八月十七日任東山々陰西海節度使

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とう‐ざん【東山】
[1] 中国、浙江省紹興市の南方、上虞県の西南にある山。東晉の謝安がをたずさえて隠棲した所。雲門山。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひがし‐やま【東山】
[一] 特に京都市の東縁に連なる丘陵性の山地。主峰は如意ケ岳(にょいがだけ)(四七〇メートル)。その温和な山容は鴨川とともに京都の自然美の代表的なものとして親しまれている。古来、京都を守る軍事上の要地となり、平安時代以降は、貴族の別荘地としても知られた。ふもとに清水寺・知恩院などがある。東山三六峰。
※平家(13C前)灌頂「建礼門院は、東山の麓、吉田の辺なる所にぞ立いらせひける」
[二] 京都市の行政区の一つ。東山の南部と鴨川にはさまれた地域で、古くからの京都市街地の東南部を占める。昭和四年(一九二九)上京区から分離して新設された。同六年に宇治郡山科町を編入したが、山科区として同五一年に分区。知恩院・八坂神社・清水寺・東福寺・三十三間堂などの社寺があり、京都の代表的な花街の祇園がある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひがしやま【東山】
姓氏の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

東山
(通称)
ひがしやま
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
東山殿旭扇 など
初演
寛保2.9(大坂・佐渡島座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東山」の用語解説はコトバンクが提供しています。

東山の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation