@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

東廻り航路【ヒガシマワリコウロ】

デジタル大辞泉

ひがしまわり‐こうろ〔ひがしまはりカウロ〕【東×廻り航路】
江戸時代、東北・北陸の港と江戸とを結んだ幹線航路。当初は津軽海峡を経て太平洋沿岸を南下し、銚子から川船で利根川江戸川を経て江戸に達したが、寛文11年(1671)河村瑞軒房総半島を迂回(うかい)して直接江戸に入る航路を開いた。東廻り海運。→西廻り航路

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ひがしまわりこうろ【東廻り航路】
江戸時代、奥羽地方の諸港から津軽海峡を経て太平洋岸沿いに南下し、江戸に至る幹線航路。1671年河村瑞軒が阿武隈川口の荒浜から江戸直行の航路を開いて以後、次第に発展した。東廻り海運。 → 西廻り航路

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

東廻り航路
ひがしまわりこうろ
江戸時代,日本海沿岸から津軽海峡を経て太平洋を南下し,江戸に至る航路
元来奥州諸藩の蔵米輸送は川舟で北上川・阿武隈川河口に下り,廻船で下総銚子まで運び,また川舟で利根川・江戸川経由で江戸に送った。1670年,幕命河村瑞賢が外海江戸廻りの直航コースを開き,相模三崎から江戸に入る航路を開発,費用・損害を軽減し,大いに利用度を高めた。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東廻り航路」の用語解説はコトバンクが提供しています。

東廻り航路の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation