@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

東廻海運【ひがしまわりかいうん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

東廻海運
ひがしまわりかいうん
江戸時代,東北,北陸の日本海沿岸から津軽海峡を経て太平洋岸を航し江戸にいたる航路をいう。寛文 10 (1670) 年河村瑞賢の外海江戸回り航路の整備によって発展し,東北,北陸諸藩の蔵米天領の年貢米などの輸送上重要な航路となった。 (→西廻海運 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

東廻海運
ひがしまわりかいうん

東廻航路ともいい、日本海沿岸(山形県酒田(さかた))から津軽(つがる)海峡を経て太平洋沿岸を南下して江戸に達する航路をさす。江戸時代、幕府直轄領の貢米、奥羽・北国諸藩の蔵米(くらまい)を江戸に廻送(かいそう)するために開かれた。

 当初は、仙台藩はじめ津軽藩、秋田藩などは、那珂湊(なかみなと)(茨城県)ないし銚子(ちょうし)(千葉県)まで海路をとり、あとは利根(とね)川の水運を利用して江戸に達するコースをとっていた。しかし1671年(寛文11)、幕府は陸奥(むつ)領の御城米を江戸へ廻送するため、河村瑞賢(ずいけん)を起用して、従来の銚子入りからさらに房総半島を迂回(うかい)して下田(しもだ)から江戸へ至る一貫した海上ルートの開発に成功した。この航路は江戸と結び付いて発達し、1721年(享保6)奥羽・北国諸藩に対し東廻利用を奨励した。しかし太平洋の荒波と風待ち港に恵まれていなかったので、かならずしも航海安全が保証されず、西廻海運ほどには発達しなかった。

[柚木 学]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひがしまわり‐かいうん ひがしまはり‥【東廻海運】
〘名〙 東廻りの航路をとって江戸に達した海運。江戸時代、幕府の貢米や東北・北陸諸藩の蔵米を江戸に回漕するため開かれた。一七世紀初頭の、盛岡藩・仙台藩に始まり、次いで、津軽・秋田藩も江戸に回米、寛文年間(一六六一‐七三)に河村瑞軒が奥羽貢米の江戸回漕路を改善するにおよんで、非常な発達をみた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東廻海運」の用語解説はコトバンクが提供しています。

東廻海運の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation