@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

東御市【とうみ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

東御〔市〕
とうみ
長野県東部にある市。上田盆地の東側に位置し,中心部を千曲川が流れる。 2004年4月北御牧村,東部町が合併して発足古くから馬の産地として知られ,中世には東信地方一帯を支配した海野氏らに統治された。江戸時代の面影を残す北国街道海野宿は,日本の道百選に選ばれた。北部湯の丸高原は,レンゲツツジの大群落,コマクサアヤメマツムシソウなど高山植物の宝庫として知られる。クルミ巨峰スイートコーン,薬用ニンジンなどが特産品。市域の一部は上信越高原国立公園に属する。しなの鉄道,国道 18号線が通り,上信越自動車道のインターチェンジがある。面積 112.37km2。人口 3万107(2015)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

とうみ‐し【東御市】
東御

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東御市」の用語解説はコトバンクが提供しています。

東御市の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation