@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

東恩納【ひがしおんな】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

東恩納
ひがしおんな
沖縄県沖縄島中部東海岸のうるま市に属する地区。旧村名。1945年旧美里村の石川などと合体して第2次世界大戦後第1号の都市石川市となった。さらに 2005年具志川市,勝連町,与那城町との合体によりうるま市となった。琉球政府前身である沖縄諮詢会が設置された戦後沖縄政治の発祥地。沖縄島西海岸の恩納村に対して東恩納と呼ばれた。交通要地で,間切(まぎり。行政区画)がしかれた時代には番所が置かれた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東恩納」の用語解説はコトバンクが提供しています。

東恩納の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation