@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

東慶寺【とうけいじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

東慶寺
とうけいじ
鎌倉市山ノ内にある臨済宗の寺。弘安8 (1285) 年北条時宗の後室である覚山尼創建。俗に縁切寺または駆込寺という。横暴な夫と結ばれた不幸な婦人を救うために,そのような婦人がこの寺に入って3年間仏事を修めれば,夫とのが切れ独立できることを寺法とし,勅許を得て後世長く行われた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

とうけい‐じ【東慶寺】
神奈川県鎌倉市にある臨済宗円覚寺派の寺。山号は松岡山(しょうこうざん)。鎌倉尼五山の一。開創は弘安8年(1285)、開山北条時宗の妻覚山尼。覚山尼の定めた「縁切寺法」により、離縁を望む女人救済の寺として、特に江戸時代は縁切り寺・駆け込み寺として知られた。明治36年(1903)から僧寺松ヶ岡御所。→縁切り寺

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

東慶寺
神奈川県鎌倉市山ノ内にある寺院。臨済宗円覚寺派の尼寺。山号は松岡山(しょうこうざん)。1285年開創。本尊は釈迦如来。江戸時代には幕府公認の縁切寺(駆込寺)のひとつとして知られた。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とうけいじ【東慶寺】
神奈川県鎌倉市にある臨済宗円覚寺派の寺。松岡山東慶総持禅寺といい,松岡御所とも称された。北条貞時開基覚山志道尼(北条時宗後室)を開山として,1285年(弘安8)開創と伝える。中興開山は20世天秀法泰尼(豊臣秀頼の娘)と伝える。江戸時代の寺領は112貫380文。この寺は代々尼僧が住職をついでおり,そのため女性の悩みを持ちこまれることが多く,江戸時代には俗に〈縁切寺〉〈駆込寺〉と呼ばれた。寺法によれば,〈かけこみ女〉が3年間寺に身をおけば離縁ができることになっている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

とうけいじ【東慶寺】
鎌倉市山内にある臨済宗円覚寺派の寺。山号、松岡山。鎌倉尼五山の一。1285年北条時宗の妻覚山尼の開創。江戸時代、縁切り寺・駆け込み寺として離縁を望む女性の保護と救済に当たった。明治後期尼寺から僧寺へ変わった。松ヶ岡御所。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

東慶寺
とうけいじ
神奈川県鎌倉市山ノ内にある臨済(りんざい)宗円覚(えんがく)寺派の寺。松岡山(しょうこうざん)と号し、松ヶ岡御所(まつがおかごしょ)とも、また俗に縁切寺(えんきりでら)、駆入(かけいり)寺、駆込(かけこみ)寺などともよばれた。本尊は釈迦如来(しゃかにょらい)。開山は北条時宗(ときむね)の夫人覚山志道尼(かくざんしどうに)(覚山尼(かくざんに))、開基はその子の北条貞時(さだとき)。1284年(弘安7)北条時宗が亡くなると、夫人潮音院殿(ちょうおんいんでん)は落飾して覚山尼と称し、翌85年この寺を開創建した。代々、足利(あしかが)氏出身の息女が多く尼住持となって法燈(ほうとう)を守り続け、室町時代には鎌倉尼五山第二に列し、1902年(明治35)まで男子禁制の尼寺であった。5世の用堂尼(ようどうに)は後醍醐(ごだいご)天皇の息女で、このときから松ヶ岡御所と称されたという。覚山尼は、不法な夫に苦しむ女性を救おうとして、女性が一度この寺に駆け込み3年間寺奉公をすれば自動的に離婚が成立するという縁切寺法を定め、わが子の北条貞時に申請して勅許されたといわれる。20世の天秀尼(てんしゅうに)は豊臣秀頼(とよとみひでより)の息女で、大坂落城ののち当寺に入り、よく寺法を守ったという。江戸時代には相模(さがみ)や関東各地からこの寺に駆け込む女性が多く、「松ヶ岡男の意地をつぶすこと」「縁なき衆生(しゅじょう)を済度(さいど)する松ヶ岡」などと川柳(せんりゅう)に多く詠まれた。江戸時代には寺領120貫で建長寺より多く、鎌倉では建長寺、円覚寺とともに三大寺と称された。明治以後、寺法は廃され、円覚寺管長釈宗演(しゃくそうえん)が中興して僧寺となった。寺宝には、木造聖観音(しょうかんのん)立像、初音蒔絵(はつねまきえ)火取母、葡萄(ぶどう)蒔絵螺鈿(らでん)聖餅箱(以上、国重要文化財)などのほか寺法関係の文書がある。境内には山門、庫裡(くり)、書院泰平殿、水月堂などがあり、境内奥の墓地には、用堂尼・天秀尼などの墓のほか、西田幾多郎(きたろう)、岩波茂雄、太田水穂(みずほ)、田村俊子(としこ)、鈴木大拙(だいせつ)、和辻(わつじ)哲郎など学者・文化人の墓が多い。裏山には鈴木大拙創立の松ヶ岡文庫がある。花の寺としても名高い。[菅沼 晃]
『井上禅定著『駈込寺東慶寺史』(1980・春秋社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とうけい‐じ【東慶寺】
神奈川県鎌倉市山ノ内にある臨済宗円覚寺派の寺。山号は松岡山(しょうこうざん)。鎌倉尼五山の一つ。弘安八年(一二八五)北条時宗の妻覚山志道尼(覚山尼)が開山。開基は北条貞時。後醍醐天皇の皇女用堂尼が入寺して以来松ケ岡御所と呼ばれ、代々名家の息女が住持。江戸時代には縁切寺・駆込寺として知られ、離縁を望む妻が寺にかけ込めば、夫との交渉を引きうけてくれ、またそれが不成立でも、三年間(のち二年間)修行すれば離縁が許された。明治三五年(一九〇二)古川堯道の入寺以後、男僧寺となる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

東慶寺
とうけいじ
鎌倉松ケ岡にあった縁切寺
臨済宗円覚寺派の寺。山号は松岡山。1285年創建。格式が高く,20世法泰尼は豊臣秀頼の娘。妻の方からの離婚が難しかった時代に,この寺にかけこめば寺法によって離婚できる特権をもった尼寺で,駆込寺 (かけこみでら) ともいわれた。明治時代以後,男性住職。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東慶寺」の用語解説はコトバンクが提供しています。

東慶寺の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation