@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

東村山(市)【ひがしむらやま】

日本大百科全書(ニッポニカ)

東村山(市)
ひがしむらやま

東京都中北部、多摩湖(たまこ)(村山貯水池)の東方にある市。1964年(昭和39)市制施行。狭山丘陵(さやまきゅうりょう)の南方は古くから村山郷とよばれ、武蔵七党(むさししちとう)の一つ村山党の根拠地であった。村山郷の東にあることが地名となっている。武蔵野台地にあり、北西端は狭山丘陵の南東麓(ろく)である。JR武蔵野線が市域の大部分を地下で通り、西武鉄道新宿、国分寺(こくぶんじ)、多摩湖、西武園の各線が通る。中世、現在の府中街道にほぼ並行する鎌倉街道沿いに久米川(くめがわ)の宿場町が発達し、付近は新田義貞(にったよしさだ)が北条軍を破った古戦場である。野火止用水(のびどめようすい)開削(1655)後の江戸時代中期から新田が開発され、以後は畑作、養蚕中心の農村であった。第二次世界大戦後、1957年の久米川団地建設を契機に東京の住宅地として急速に発達した。東村山、久米川、秋津駅周辺に商店街が形成されている。南端の東久留米(ひがしくるめ)・小平(こだいら)市に接する地区に小平霊園、東端に国立療養所多磨全生園(1909年開設)、北西端に東村山浄水場、都立狭山自然公園がある。なお、正福寺(しょうふくじ)地蔵堂は仏教建造物としては都内唯一の国宝。徳蔵寺の元弘の板碑は国の重要文化財。狭山茶の産地の一部をなす。面積17.14平方キロメートル、人口14万9956(2015)。

[沢田 清]

『『東村山市史』(1999・東村山市)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東村山(市)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

東村山(市)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation