@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

東海道メガロポリス【トウカイドウメガロポリス】

デジタル大辞泉

とうかいどう‐メガロポリス〔トウカイダウ‐〕【東海道メガロポリス】
東海道沿線の京浜地区から阪神地区にかけて多くの都市が連続する地域の。日本で最も人口産業集中

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とうかいどうめがろぽりす【東海道メガロポリス】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

東海道メガロポリス
とうかいどうめがろぽりす
メガロポリスmegalopolisは巨帯都市地域と訳し、京浜、中京圏、京阪神を結ぶ東海道沿線の帯状の都市化地域をさす。東京―神戸間約500余キロメートル、13都府県にまたがり、面積約6000平方キロメートル(全国比17%)、人口約6700万(1995、全国比55%)、工業出荷額、商業販売額ともに全国の68%を占める日本の経済文化の中枢地帯である。メガロポリスの名称は、地理学者ゴットマンJ. Gottmann(1915―94)が、1957年アメリカ東海岸のボストン、ニューヨーク、フィラデルフィア、ワシントンを結ぶ都市化地帯につけたのが始まりで、日本では丹下健三(たんげけんぞう)が「東海道メガロポリス」とし、磯村英一(いそむらえいいち)が「巨帯都市地域」と訳した。いくつかの都市圏が複合・連続する都市連合地域で、太平洋ベルト地帯の主要部である。[伊藤郷平・伊藤達雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東海道メガロポリス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

東海道メガロポリスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation