@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

東福門院【とうふくもんいん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

東福門院
とうふくもんいん
[生]慶長12(1607).10.4. 江戸
[没]延宝6(1678).6.15. 京都
後水尾天皇中宮和子。父は徳川秀忠,母は浅井長政の娘徳子。徳川氏は『禁中並公家諸法度』を公布して朝廷を押える一方,婚姻政策で朝廷を懐柔しようとした。元和6 (1620) 年和子は 14歳で女御となり,寛永1 (24) 年皇后に冊立されて明正天皇をはじめ,2皇子,5皇女を産んだ。同6年院号宣下,後光明,後西,霊元の3天皇養母となった。陵墓は京都市東山区今熊野の月輪陵

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

とうふく‐もんいん〔‐モンヰン〕【東福門院】
[1607~1678]後水尾天皇の中宮。徳川秀忠の娘。名は和子。徳川幕府の朝廷対策により、14歳で入内。明正天皇の母。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

東福門院 とうふくもんいん
1607-1678 江戸時代前期,後水尾(ごみずのお)天皇の中宮(ちゅうぐう)。
慶長12年10月4日生まれ。徳川秀忠の娘。母はお江与(崇源院)。元和(げんな)6年14歳で後水尾天皇の女御(にょうご)となる。9年興子(おきこ)内親王(明正(めいしょう)天皇)を生み,寛永元年中宮。6年院号をさずけられる。延宝6年6月15日死去。72歳。江戸出身。名は和子(かずこ)((まさこ))。
【格言など】武蔵野の草葉の末にやどりしかみやこの空にかへる月かげ(辞世)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

とうふくもんいん【東福門院】
1607‐78(慶長12‐延宝6)
江戸前期,後水尾天皇の中宮。2代将軍徳川秀忠の五女,和子。母は浅井長政の三女江与(崇源院)。江戸幕府初期の不安定な朝幕関係の中で,徳川氏の婚姻政策により後水尾天皇の女御として入内した。入内は1614年(慶長19)に決定されたが,大坂の陣や家康の死などでのび,20年(元和6)に実現を見た(和子14歳)。幕府の権力を背景とした婚姻であったが,入内後は和子の温順な性格もあって天皇との関係は良く,23年に一宮興子(明正天皇)を生み,翌年には中宮となり,のちさらに2男4女をもうけた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

とうふくもんいん【東福門院】
1607~1678 後水尾天皇の中宮。名は和子。徳川秀忠の娘。明正天皇の母。1629年院号宣下。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

東福門院 (とうふくもんいん)
生年月日:1607年10月4日
江戸時代前期の女性。徳川秀忠の娘で、後水尾天皇の皇后
1678年

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とうふく‐もんいん ‥モンヰン【東福門院】
後水尾天皇の中宮。名は和子。父は徳川二代将軍秀忠、母は贈従一位崇源院浅井達子。幕府の婚姻による朝廷懐柔策で元和六年(一六二〇)入内。明正天皇はじめ一皇子五皇女を産み、後光明・後西・霊元三天皇の養母となる。寛永六年(一六二九)国母として院号宣下があり東福門院と称した。慶長一二~延宝六年(一六〇七‐七八

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

東福門院
とうふくもんいん
1607〜78
江戸前期の後水尾天皇の中宮
2代将軍徳川秀忠の娘,名は和子 (まさこ) 。幕府の朝廷懐柔政策のため結婚,女帝明正 (めいしよう) 天皇をはじめ,2皇子5皇女を生んだ。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

東福門院
とうふくもんいん

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東福門院」の用語解説はコトバンクが提供しています。

東福門院の関連情報

関連キーワード

ベンティボリオジェームズタウン竜造寺政家駿府城ヘームスケルク犬山藩ジャコビアン様式天海総合年表(アメリカ)朝鮮通信使

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation