@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

東近江市【ひがしおうみ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

東近江〔市〕
ひがしおうみ
滋賀県南東部,愛知川上・中流域に広がる市。鈴鹿山脈の西斜面を占め,東で三重県に接する。2005年八日市市,永源寺町,五個荘町,愛東町,湖東町の 1市 4町が合体。2006年能登川町,蒲生町を編入。中心市街地の八日市は御代参街道八風街道の交点に位置し,古くから市場町として発展。愛知川の支流御池川の上流域にある君ヶ畑,蛭谷は木地師 (→木地屋) 発祥の地として有名。五個荘は近江商人の出身地の一つ。能登川は中世以来近江麻布の主産地だったため,麻紡織工場が多い。愛知川流域の平野部では米作が行なわれ,山間部ではチャ (茶) を栽培。近江牛の飼育も行なわれる。伝統工業に西陣織の帯地生産があり,長 (おさ) の梵鐘鋳造も有名。条里制遺構や,大中の湖干拓地で発見された大中の湖南遺跡 (国の史跡) など上古の遺跡が多い。また押立神社,春日神社,布施神社,弘誓寺 (ぐせいじ) など有名社寺が多数あり,南花沢と北花沢のハナノキはともに国の天然記念物。市域の一部は鈴鹿国定公園,および湖東県立自然公園に属する。近江鉄道本線から八日市線が分岐。名神高速道路のインターチェンジがあり,国道8号線,307号線,421号線などが通る。面積 388.37km2。人口 11万4180(2015)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ひがしおうみ‐し〔ひがしあふみ‐〕【東近江市】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東近江市」の用語解説はコトバンクが提供しています。

東近江市の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation