@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

東部戦線【とうぶせんせん】

日本大百科全書(ニッポニカ)

東部戦線
とうぶせんせん
Ostfront ドイツ語

第一次世界大戦でドイツ軍およびオーストリア・ハンガリー軍と、ロシア軍とが対峙(たいじ)した戦線をいう。ドイツの作戦計画では、まず西部戦線に全力をあげ、フランスの打倒後、東部戦線に向かうはずであったから、1914年の開戦後は東プロイセンの防御に努めながら、オーストリア・ハンガリー軍の攻撃を支援することになっていた。だがロシア軍は東プロイセンに殺到し、オーストリア・ハンガリー軍はセルビア攻撃に力をそがれてロシア攻撃に至らず、ガリツィア(現ウクライナ北西部、ポーランド南東部)では敗退した。ドイツ軍は、東プロイセン軍司令官にヒンデンブルク、参謀長にルーデンドルフを起用し、14年8月末タンネンベルクの戦いでロシア軍を包囲殲滅(せんめつ)した。しかしこれは当初の計画の大幅な修正を意味する。

 翌1915年、ドイツ軍はロシア軍を撃退しつつ、リガからピンスクを経てチェルノフツィに至る線まで進出した。ブルシーロフ麾下(きか)のロシア軍は、16年6月チェルノフツィで戦史に残る反攻をなした(ブルシーロフ反攻)が、以後急速に崩壊した。17年3月(ロシア暦2月)および11月(同暦10月)にロシア革命が起こり、12月15日ドイツ軍は革命政府と休戦条約を締結した。ドイツの要求でただちに平和条約交渉が始まるが、トロツキーが「戦争でもなく平和でもない」として交渉を打ち切ると、ドイツ軍は全戦線にわたって攻撃を再開した。ソビエト政府は屈服し、18年3月3日ブレスト・リトフスクでドイツ側同盟国と平和条約を締結した。

[吉田輝夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とうぶ‐せんせん【東部戦線】
第一次世界大戦中、ドイツ・オーストリア同盟軍とロシア軍が相対した戦線。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

東部戦線
とうぶせんせん
East Front
第一次世界大戦の際,ドイツオーストリアロシアが戦った戦線
1914年8月,ドイツはタンネンベルク戦いでロシア軍を包囲殲滅したのち,15年8月ポーランドの首都ワルシャワを占領,同年11月末にはロシア領に侵入した。以後1917年の休戦まで,戦線は膠着 (こうちやく) 状態となった。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東部戦線」の用語解説はコトバンクが提供しています。

東部戦線の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation