@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

東郷平八郎【とうごう へいはちろう】

美術人名辞典

東郷平八郎
海軍軍人元帥侯爵鹿児島県生。名は実良。日清戦争に浪速艦長として活躍し、日露戦争では連合艦隊司令長官として日本海海戦を指揮する。東宮御学問所総裁。昭和9年(1934)歿、88才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

とうごう‐へいはちろう〔トウガウヘイハチラウ〕【東郷平八郎】
[1848~1934]軍人。海軍大将・元帥。鹿児島の生まれ。日露戦争では連合艦隊司令長官となり、日本海海戦バルチック艦隊を全滅させた。のち、軍令部長・東宮御学問所総裁を歴任

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

東郷平八郎 とうごう-へいはちろう
1848*-1934 明治-大正時代の軍人。
弘化(こうか)4年12月22日生まれ。もと薩摩(さつま)鹿児島藩士。維新後イギリスに留学。日清戦争では浪速(なにわ)艦長。日露戦争では連合艦隊司令長官として,旅順港封鎖作戦,日本海海戦を指揮。バルチック艦隊を撃滅し,「東洋のネルソン」と称された。海軍大将,元帥。昭和9年5月30日死去。88歳。名は実良。
【格言など】皇国の興廃この一戦にあり各員いっそう奮励努力せよ(バルチック艦隊との交戦にあたり)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

とうごうへいはちろう【東郷平八郎】
1847‐1934(弘化4‐昭和9)
明治・大正期の海軍軍人,元帥。薩摩藩士の家に生まれ,薩英戦争,戊辰戦争に参加,1871年(明治4)イギリスに留学,78年帰国して海軍中尉に任官,90年呉鎮守府参謀長,日清戦争時は浪速艦長,95年以降常備艦隊司令長官,舞鶴鎮守府司令長官となり,1903年12月第1艦隊兼連合艦隊司令長官に就任。05年5月日本海海戦でロシアのバルチック艦隊に勝利し,一躍名将としての名をあげた。日露戦後,07年大勲位,功一級を与えられ伯爵,13年元帥となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

とうごうへいはちろう【東郷平八郎】
1847~1934 海軍軍人。大将・元帥。薩摩の人。日露戦争の際、連合艦隊司令長官として日本海海戦を指揮、バルチック艦隊を破った。ロンドン軍縮条約では締結に強硬に反対。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

東郷平八郎
とうごうへいはちろう
[生]弘化4(1847).12.22. 鹿児島
[没]1934.5.30. 東京
海軍軍人。薩摩藩士で納戸奉行東郷吉左衛門の4男に生れ,16歳のとき,生麦事件が原因で薩英戦争が起り,父や兄とともに戦いに加わった。慶応2 (1866) 年藩海軍所に入所。戊辰 (ぼしん) 戦争では『春日』艦乗組士官として幕府軍艦と交戦。その後東京に出て学び,明治3 (70) 年新政府の軍艦『竜驤』乗組見習士官となった。同4年海軍の第1回留学生としてイギリスに学び,1878年帰国。のち中尉に任官して『扶桑』で海上勤務を続け,91年『浪速』艦長となり,94年豊島沖海戦に参加,その直後,『高陞号』撃沈事件を起した。日清戦争の黄海海戦にも参加。その後,海軍大学校校長,常備艦隊司令長官など歴任。 1903年連合艦隊司令長官,翌年大将に昇進。日露戦争では連合艦隊司令長官として,日本海海戦 (1905) で,ロシアのバルチック艦隊を全滅させ,国民的英雄となった。 05~09年軍令部長,07年に伯爵。 13年元帥,14~21年東宮御学問所総裁。 30年のロンドン軍縮条約には強く反対した。 34年死の前日に侯爵に叙せられ,同年6月国葬。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

東郷平八郎
とうごうへいはちろう
(1847―1934)
明治・大正期の海軍軍人。弘化(こうか)4年12月22日生まれ。薩摩(さつま)藩出身。初め仲五郎(なかごろう)と称し、元服して平八郎と称す。薩英戦争に参加後、1866年(慶応2)薩摩藩の海軍に入る。戊辰(ぼしん)戦争に薩摩藩の軍艦「春日(かすが)」に士官として乗り組み、阿波(あわ)沖で幕府艦「開陽(かいよう)」と戦う。この海戦は日本における欧式軍艦間の交戦の嚆矢(こうし)になった。維新後の新海軍においては、1871年(明治4)4月から1878年5月までイギリス留学。1879年12月海軍少佐、1894年6月「浪速(なにわ)」艦長になり日清(にっしん)戦争に出役。1898年5月に中将、1903年(明治36)12月連合艦隊司令長官になり、翌1904年6月に大将。日露戦争の日本海海戦(1905年5月27日)で、ロシアのバルチック艦隊を完破し、一躍世界的名声を得、「東洋のネルソン」と称された。1913年(大正2)4月元帥、翌1914年4月東宮御学問所総裁になり、昭和9年5月30日の死去の直前に侯爵となり、国葬で葬られた。[遠藤芳信]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とうごう‐へいはちろう【東郷平八郎】
軍人。元帥・海軍大将。侯爵。名は実良。旧薩摩藩士で維新後海軍士官。日清戦争に豊島沖海戦で活躍。日露戦争には連合艦隊司令長官としてバルチック艦隊を破った。のちに東宮御学問所総裁。弘化四~昭和九年(一八四七‐一九三四

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

東郷平八郎
とうごうへいはちろう
1847〜1934
明治〜昭和前期の海軍軍人
薩摩藩出身。戊辰 (ぼしん) 戦争に従軍し,1871〜78年,海軍士官となりイギリスに留学。日清戦争のとき浪速 (なにわ) 艦長として活躍。日露戦争では連合艦隊司令官として日本海海戦でロシアのバルチック艦隊を撃滅した。のち元帥となる。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東郷平八郎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

東郷平八郎の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation