@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

東風(ひがしかぜ)【ひがしかぜ】

日本大百科全書(ニッポニカ)

東風(ひがしかぜ)
ひがしかぜ

東方から西に向かって吹く風。中国や日本では東風は春の風の代表とみられ、春の風が軟らかなことから「こち」(は小、は風の古語)とよばれた。グローバル(全地球的)にみると、東風としての風系には次の三つがある。

(1)赤道東風 夏半球の赤道地帯で、貿易風の高さが8~10キロメートルの対流圏の上層にまでも及ぶ場合をいう。別名、深い貿易風ともいう。

(2)熱帯東風 貿易風のこと。亜熱帯東風とよばれることもある。通常この上空には反対貿易風とよばれる西風が吹いている。

(3)極東風 亜寒帯低気圧帯の北側に沿って吹く東風。北半球ではほぼ定常的に存在するアリューシャン低気圧とアイスランド低気圧の北側で、はっきりと現れる。

[根本順吉]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東風(ひがしかぜ)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

東風(ひがしかぜ)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation