@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

杵屋正次郎【きねやしょうじろう】

日本大百科全書(ニッポニカ)

杵屋正次郎
きねやしょうじろう

長唄(ながうた)三味線方。正治郎とも書く。現在まで6世を数えるが、3世がもっとも著名。

[渡辺尚子]

初世

(?―1803)2世杵屋六三郎の門弟。『高砂丹前(たかさごたんぜん)』『羽根の禿(かむろ)』『手習子(てならいこ)』などを作曲。

[渡辺尚子]

2世

(?―1820)前名彦次郎。1805年(文化2)2世を襲名。『汐汲(しおくみ)』『舌出三番叟(しただしさんばそう)』などを作曲。

[渡辺尚子]

3世

(1827―1896)2世の門弟正三郎の実子で、1855年(安政2)3世を襲名。2世勝三郎、3世勘五郎とともに優れた作曲家として名高く、明治の長唄界をリードした。『連獅子(れんじし)』『岸の柳』『元禄(げんろく)花見踊』『土蜘(つちぐも)』『茨木(いばらき)』『鏡獅子(かがみじし)』などの名曲を多数作曲したほか、歌舞伎(かぶき)下座音楽や新しい合方の作曲をも手がけている。明治29年10月31日没。4世(1870―1940)は3世の実子が継ぎ、5世は4世栄蔵(1917―1988)の前名。

[渡辺尚子]

6世

(1935―2011)本名古茂田定雄。前名栄慎次から1981年(昭和56)に6世を襲名。

[渡辺尚子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きねや‐しょうじろう【杵屋正次郎】
三世。邦楽家。長唄三味線方。幕末、明治初期の名人。「連獅子」「茨木」「鏡獅子」など舞踊劇曲にすぐれた作品を残す。文政一一~明治二九年(一八二八‐九六

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

杵屋正次郎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

杵屋正次郎の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation