@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

松尾【まつお】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

松尾
まつお
千葉県東部,山武市北部の旧町域。下総台地九十九里平野の接するところに位置する。 1898年町制。 1955年大平村,豊岡村の2村と合体。 2006年成東町,山武町,蓮沼村と合体して山武市となった。下総台地ではサツマイモを産し,養豚も行なわれる。九十九里平野には水田が広がる。トマトキュウリなどの園芸農業も盛ん。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松尾
まつお
岩手県北西部,八幡平市南西部の旧村域。八幡平の南東麓にあり,西は秋田県に接する。 1889年の野駄村,寄木村の2村と合体。 2005年西根町,安代町と合体して八幡平市となった。地名は近世以来の村名で,由来には諸説がある。硫黄と硫化粗鉱を産する松尾鉱山があり,1914年以来鉱山町として栄えたが,1972年閉山。八幡平,岩手山観光の玄関口として知られる。岩手山を含む南部・西部一帯は十和田八幡平国立公園に属し,松川温泉藤七温泉がある。中央部には御在所温泉や八幡平スキー場などがある。藤七温泉近くに大揚沼 (おおあげぬま) モリアオガエルおよびその繁殖地があり,国の天然記念物に指定されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

まつお〔まつを〕【松尾】
姓氏の一。
[補説]「松尾」姓の人物
松尾臣善(まつおしげよし)
松尾芭蕉(まつおばしょう)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクション

まつを【松尾】
長野の日本酒。酒名は、酒造りの神を祀る松尾(まつのお)大社にちなみ命名純米酒は芳醇辛口の「信乃大地」をはじめ「白ラベル」「にごり原酒」「生原酒」「生詰」がある。ほか純米大吟醸酒純米吟醸酒など。平成4、9、19、21、22年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は主に美山錦。仕込み水は自家井戸水。蔵元の「高橋助作酒造店」は明治8年(1875)創業。所在地は上水内郡信濃町古間。

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

松尾(まつを)
長野県、株式会社高橋助作酒造店の製造する日本酒。純米大吟醸「松乃尾」、純米吟醸「松牡丹」などがある。平成21、22酒造年度の全国新酒鑑評会で金賞を受賞。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

まつお【松尾】
姓氏の一。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

まつお まつを【松尾】
姓氏の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まつのお まつのを【松尾】
[一] (「まつお」とも) 京都市西京区の地名。旧葛野郡松尾村。昭和六年(一九三一)京都市右京区に編入され、同五一年に西京区の一部となる。桂川の右岸にあり、松尾大社がある。
※枕(10C終)二八七「神はまつのを。八幡、この国の帝にておはしましけむこそめでたけれ」
[三] 「まつのおやま(松尾山)」のこと。
※浮世草子・好色二代男(1684)一「松の尾(ヲ)に仏法僧の鳥も、目に(めつらし)く」
[四] 謡曲。脇能物。宝生流。作者不詳。臣下が松尾明神に参詣し、来合わせた老人から神徳を聞く。やがて松尾明神が現われ、秋の夜長に神楽を奏し舞って、御代を祝う。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まつお まつを【松尾】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松尾」の用語解説はコトバンクが提供しています。

松尾の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation