@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

松岡寿【まつおかひさし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

松岡寿
まつおかひさし
[生]文久2(1862).2.5. 岡山
[没]1944.4.28. 逗子
洋画家。 1873年川上冬崖の聴香読画館に学び,76年開校の工部美術学校に入り A.フォンタネージの指導を受けた。 78年十一字会を組織,80年イタリアに留学,ローマ美術学校に学ぶ。 88年帰国。初期にはバルビゾン派風の自然主義的な画法を示し,留学後はイタリア官学風の堅実な手法に移った。 89年浅井忠らと明治美術会を結成,92年明治美術学校を設立。さらに東京帝国大学工学部講師,東京美術学校教授,東京高等工芸学校教授,同校長,文展審査員などを歴任。美術教育家,美術行政家としての功績も大きい。主要作品『ローマ,コンスタンティヌス凱旋門』 (1882,東京芸術大学) ,『ベルサリエーレの歩哨』 (86,宮内庁) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

松岡寿 まつおか-ひさし
1862-1944 明治-昭和時代前期の洋画家。
文久2年2月5日生まれ。備前岡山藩士松岡隣の次男。工部美術学校でフォンタネージに師事。明治20年国立ローマ美術学校を卒業。帰国後,明治美術会の創立にくわわる。東京高等工業教授,東京美術学校教授,東京高等工芸校長を歴任。昭和19年4月28日死去。83歳。代表作に「伊太利ベルサリエーレの歩哨(ほしょう)」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

まつおかひさし【松岡寿】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

松岡寿
まつおかひさし
(1862―1944)
洋画家。岡山市生まれ。1872年(明治5)父とともに上京し、翌年川上冬崖(とうがい)の聴香読画館に入り、76年工部美術学校に入学してフォンタネージの指導を受ける。80~88年渡欧してローマでC・マッカリに師事し、ローマ国立美術学校を卒業する。帰国の翌年同志と明治美術会を創立。各種の博覧会審査官、文展の審査員を務める。また工科大学ほかの講師、東京高等工業学校・東京美術学校の教授、そして東京高等工芸学校校長などを歴任し、美術教育ならびに美術行政面で大きな功績をあげた。代表作に『ローマ、コンスタンチンの凱旋(がいせん)門』『伊太利ベルサリエーレの歩哨(ほしょう)』『海老名弾正(えびなだんじょう)氏肖像』がある。[小倉忠夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松岡寿」の用語解説はコトバンクが提供しています。

松岡寿の関連情報

関連キーワード

サイゴン条約黒住教官板バタビヤ新聞トルストイボロジン明治維新ロペスワーグナーバールセンブッセ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation