@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

松岡恕庵【マツオカジョアン】

デジタル大辞泉

まつおか‐じょあん〔まつをか‐〕【松岡恕庵】
[1668~1746]江戸中期の本草学者。京都の人。名は玄達。恕庵は通称山崎闇斎伊藤仁斎儒学を、稲生若水に本草学を学んだ。「用薬須知」「千金方薬註」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

松岡恕庵 まつおか-じょあん
1668-1746 江戸時代中期の本草家。
寛文8年生まれ。儒学を山崎闇斎(あんさい),伊藤仁斎(じんさい)に,本草を稲生若水(いのう-じゃくすい)にまなぶ。享保(きょうほう)6年幕府にまねかれ薬物鑑定に従事した。門弟小野蘭山(らんざん),戸田旭山(きょくざん)。延享3年7月11日死去。79歳。京都出身。名は玄達。字(あざな)は成章。別号に怡顔斎(いがんさい),埴鈴など。著作に「用薬須知(すち)」「怡顔斎桜品」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)

松岡恕庵
まつおかじょあん
(1668―1746)

江戸中期の本草(ほんぞう)学者。京都の出身。名は玄達(げんたつ)、恕庵は通称、怡顔斎(いがんさい)と号す。儒学を学び、古典の動植物を理解するため稲生若水(いのうじゃくすい)に師事。奥義を究め、本草大家となり、医学にも精通した。質素な生活とは対照的に、多数の蔵書を国書と漢書に区分し、2棟の大書庫に収め、学者の面目に徹した。1721年(享保6)幕府に招かれ薬物鑑定に従事。1726年蘊蓄(うんちく)を傾け『用薬須知』5巻を著す。動植物の品類、形態、産出の状況、方言などを記載、博物学的本草学の価値を高めた。『本草一家言』『食療正要』『桜品』『菌品』ほか著書多数。小野蘭山(らんざん)、戸田旭山(きょくざん)(1696―1769)ら著名門人が多い。没後、門人が『用薬須知後編』を刊行。恕庵の子の定庵は松典と称し『千金方薬註(ちゅう)』を著した。

[根本曽代子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

まつおか‐じょあん【松岡恕庵】
江戸中期の本草家。京都の人。名は玄達。号は怡顔斎。山崎闇斎・伊藤仁斎に儒学を、稲生若水に本草学を学んだ。儒医を職業とするかたわら、本草を研究、動植物の品類研究の端緒を開く。著「用薬須知」「桜品」など。寛文八~延享三年(一六六八‐一七四六

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松岡恕庵」の用語解説はコトバンクが提供しています。

松岡恕庵の関連情報

関連キーワード

オニビシオニビシの姉モリエール吉原(遊廓)山形藩大矢白鵠泉藩富永仲基

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation