@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

松岡【まつおか】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

松岡
まつおか
福井県北部,永平寺町西部の旧町域。福井平野東部に位置し,北部九頭竜川が流れる。 1930年松岡村が町制施行。 1955年吉野村,五領ヶ島村の2村と合体。 2006年永平町,上志比村と合体して永平寺町となった。地名は近世以来の城下町名による。中心街は九頭竜川扇状地の扇頂付近にあり,正保年間 (1644~48) 福井藩から分封,城下町が形成されたが,約 80年で福井藩に復した。明治中期以降,合成繊維織物を主体とする機業が盛ん。手繰ヶ城山古墳などを含む松岡古墳群 (国の史跡) とカジカ科の魚であるアラレガコ生息地 (国の天然記念物) が知られる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

まつおか〔まつをか〕【松岡】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

まつおか【松岡】
姓氏の一。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

松岡
まつおか
福井県北部、吉田郡(よしだぐん)にあった旧町名(松岡町(ちょう))。現在は吉田郡永平寺(えいへいじ)町の西部を占める地域。九頭竜(くずりゅう)川扇状地の扇頂に近い小段丘上に位置する。旧松岡町は1930年(昭和5)町制施行。1955年(昭和30)吉野、五領ヶ島(ごりょうがしま)の2村と合併。2006年(平成18)永平寺町に合併。国道416号、北陸自動車道、えちぜん鉄道勝山永平寺線が通じる。古くは芝原(しばはら)郷の地。1645年(正保2)福井藩3代藩主松平忠昌(ただまさ)の次男松平昌勝(まさかつ)が5万石を分封され松岡藩が成立、館(やかた)が置かれたが、1721年(享保6)廃藩。合繊織物業のほか、藩政時代に始まるという竹細工がある。福井大学松岡キャンパス(旧、福井医科大学)、福井県立大学がある。国指定史跡の手繰ヶ城山(てぐりがじょうやま)古墳を含む松岡古墳群がある。[木下昭三]
『『松岡町史』全3冊(1972~1978・松岡町)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

まつおか まつをか【松岡】
姓氏の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まつがおか まつがをか【松岡】
神奈川県鎌倉市山ノ内にある臨済宗円覚寺派の寺、東慶寺の別称。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松岡」の用語解説はコトバンクが提供しています。

松岡の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation