@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

松平不昧【まつだいら ふまい】

美術人名辞典

松平不昧
江戸後期の大名・茶人。松江城主松平宗衍の次男。名は治郷、別号に宗納・一閑子等。松江藩襲封して、藩財政の立て直しを行なう。茶道を好み、伊佐幸琢石州流を学んで、石州流不昧派を興した。書道定家流名手。文政元年(1818)歿、68才。

出典:(株)思文閣

世界大百科事典 第2版

まつだいらふまい【松平不昧】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

松平不昧
まつだいらふまい
[生]宝暦1(1751).2.14. 江戸
[没]文政1(1818).4.24. 京都
江戸時代中期の出雲松江藩主。宗衍 (むねのぶ) の子。幼名は鶴太郎,初め治好,のち治郷と改めた。不昧は致仕後の号。明和4 (1767) 年 17歳で襲封。当時松江藩は享保の飢饉によって打撃を受け藩財政は窮乏のどん底にあった。治郷は事態を打開するため,朝日丹波茂保を登用して改革に着手。おもに財政面の諸政策を打出し,銀札の廃止,新田開発,製ろう,製紙,漆器など国産品の増産に尽力した。また茶道を好み,文化3 (1806) 年家督を譲ってのち石州流に練達し,不昧流の基をなした。著書に『古今名物類聚』がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

まつだいら‐ふまい〔まつだひら‐〕【松平不昧】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

松平不昧 まつだいら-ふまい

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)

松平不昧
まつだいらふまい

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

まつだいら‐ふまい【松平不昧】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松平不昧」の用語解説はコトバンクが提供しています。

松平不昧の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation