@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

松平忠輝【まつだいらただてる】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

松平忠輝
まつだいらただてる
[生]文禄1(1592).1.4. 江戸
[没]天和3(1683).7.3. 信濃,高島
江戸時代初期の越後高田藩主。徳川家康の6男。母は茶阿局 (ちゃあのつぼね) 。慶長3 (1598) 年三河長沢の松平家を継ぎ,同7年下総佐倉に4万石で入封。同8年信濃川中島 18万石に転じ,同 15年には越後福島 75万石 (異説あり) に移封。同 19年高田に移ったが,元和2 (1616) 年改易,追放に処せられた。改易の原因は大坂夏の陣に遅参したため (『藩翰譜』) とか,キリシタン外国貿易に深い関係をもっていたためとかいわれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

松平忠輝 まつだいら-ただてる
1592-1683 江戸時代前期の大名。
天正(てんしょう)20年1月4日生まれ。徳川家康の6男。妻は伊達政宗の娘五郎八(いろは)。慶長4年武蔵(むさし)深谷城主。下総(しもうさ)佐倉,信濃(しなの)川中島,越後(えちご)福島城主をへて,19年越後高田藩75万石の藩主となる。元和(げんな)2年大坂夏のへの遅などを理由に改易(かいえき)となった。上総介(かずさのすけ),越後少将とよばれる。天和(てんな)3年7月3日配流地の信濃諏訪で死去。92歳。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

まつだいらただてる【松平忠輝】
1592‐1683(文禄1‐天和3)
江戸前期の大名。幼名辰千代。上総介,越後少将。徳川家康の六男。母は茶阿方(朝覚院)。長沢松平家を継ぎ,1598年(慶長3)武蔵国深谷1万石を領する。1602年下総国佐倉5万石,03年信濃国川中島14万石に転じ,10年越後国福島城(1614年より高田城)61万石を与えられ,川中島領と合わせ75万石の太守となった。しかし大坂の陣の不功などにより16年(元和2)改易,伊勢朝熊(あさま)に配流された。【杣田 善雄】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

松平忠輝
まつだいらただてる
(1592―1683)
江戸前期の大名。初代将軍徳川家康の六男。母は茶阿局(ちゃあのつぼね)。幼名辰千代(たつちよ)。妻は伊達政宗(だてまさむね)の娘。遠江(とおとうみ)浜松に生まれ、一族の長沢の松平康忠(やすただ)の家を相続して松平を称し、武蔵(むさし)深谷(ふかや)、下総(しもうさ)佐倉(さくら)、信濃(しなの)川中島(かわなかじま)(長野市)の城主を経て、1610年(慶長15)越後(えちご)高田(上越市)城主となり60万石を領した。日ごろ酒におぼれ、暴虐のふるまいがあったといわれる。15年(元和1)大坂夏の陣に参加するとき、近江(おうみ)守山(もりやま)で部隊の前を通った将軍の旗本2人を殺し、さらに大坂方との戦闘に遅れたことを直接の理由として、翌年家康の死後領地を没収されて伊勢朝熊(いせあさま)(伊勢市)に流され、ついで飛騨(ひだ)高山、信濃諏訪(すわ)へと転じ、ここで死んだ。墓は諏訪市貞松院。[上野秀治]
『峰村秀夫著「松平忠輝」(『大名列伝 3』所収・1967・人物往来社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

松平忠輝 (まつだいらただてる)
生年月日:1592年1月4日
江戸時代前期の大名
1683年

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松平忠輝」の用語解説はコトバンクが提供しています。

松平忠輝の関連情報

関連キーワード

コボ文禄シェークスピアシェークスピアティントレット文禄・慶長の役モンテベルディコボ石川数正梅北国兼

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation