@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

松平氏【まつだいらうじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

松平氏
まつだいらうじ
徳川氏の本姓。清和源氏新田氏の出とも,在原,賀茂,藤原諸氏の出ともいう。室町時代,三河国賀茂郡松平郷に住し,松平氏を称した。戦国時代には土豪として強大化し,清康のとき岡崎城を築いて四隣に名をあげ,織田,今川諸氏らに対抗するにいたった。家康のとき初め今川氏に従ったが,桶狭間の戦い後,織田氏と和して三河を統一し,さらに遠江を征服して武田氏に対抗した。永禄9 (1566) 年徳川姓に改め,本能寺の変後,豊臣秀吉に従い,天正 18 (90) 年江戸に入部し,関八州を経営するにいたった。慶長5 (1600) 年関ヶ原の戦いに勝ち,同8年征夷大将軍,江戸に幕府を開いて以来明治にいたった。この間,将軍家および御三家御三卿の嫡流は徳川氏を,その他の庶流および支族は松平氏を称した。丹波亀山,肥前島原,豊後杵筑,三河西尾,駿河小島,摂津尼ヶ崎,出羽上ノ山,伊予松山・伊勢桑名・伊予今治・下総多古 (久松氏) ,陸奥会津 (保科氏) ,武蔵忍・上野小幡 (奥平氏) ,美作鶴田,美作津山,越前福井,出雲松江,出雲広瀬,出雲母里,上野厩橋,播磨明石,越後糸魚川,美濃高須,伊予西条,讃岐高松,陸奥守山,常陸府中,常陸宍戸,武蔵川越,上野吉野などの松平氏があった。また,外様大名で松平姓が与えられたものに金沢前田,鹿児島島津,仙台伊達,山口毛利,鳥取池田,岡山池田,徳島蜂須賀,福岡黒田,広島浅野,高知山内らがあったが,いずれも,明治にいたり本姓に復した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

まつだいらうじ【松平氏】
中世後期の三河国の有力武士で,惣領家は1566年(永禄9)徳川と改姓して江戸時代の将軍家となり,一族は大名,旗本となった(図)。
[松平氏の発祥
 江戸幕府公認の松平氏発祥譚では,清和源氏新田氏の庶家徳川氏末裔は,足利氏の迫害のため,本貫の地上野国新田郡徳川郷を退去して時宗のとなって諸国を流浪し,親氏(ちかうじ)の代に三河国加茂郡松平郷の土豪松平氏の娘婿となったのが,源姓松平氏のはじまりで,9代の後裔家康の代に〈復姓〉したという。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

松平氏
まつだいらうじ
松平氏は三河国(みかわのくに)加茂郡(かもぐん)、常陸国(ひたちのくに)久慈郡(くじぐん)、陸奥国(むつのくに)田村郡などから出た各氏があるが、ここでは三河(愛知県)の松平氏に限る。三河松平氏は江戸時代の将軍家徳川氏の先祖にあたり、松平郷(豊田(とよた)市)に住した親氏(ちかうじ)を初代とする。室町中期の3代信光(のぶみつ)は山間部より岡崎平野の安祥(あんじょう)(安城市)に進出し、また子供を要衝の地に配置し、7代清康(きよやす)は1524年(大永4)岡崎城に移り、ほぼ三河一国を掌中に収めたが1535年(天文4)暗殺された。その後、織田氏・今川氏の圧力や一族の抗争などにより勢力を失ったが、9代家康(いえやす)のとき旧領を回復し、やがて徳川に改姓して江戸幕府を開く。江戸時代に松平氏を称した家には3種類ある。一つは三河時代の松平氏の分流、一つは家康の子孫でおもに親藩大名たる家、そして松平姓を将軍より与えられた大名である。
(1)三河松平氏の分流は、十八松平とも十四松平ともいい、最初に三河で与えられた所領の地名をつけ、大給(おぎゅう)、形原(かたのはら)、深溝(ふこうず)、能見(のうみ)、滝脇(たきわき)、桜井、藤井などの松平氏とよばれ、譜代大名(ふだいだいみょう)や旗本となったり、諸大名の家臣となったりした。
(2)家康の子孫では、将軍や御三家(ごさんけ)・御三卿(ごさんきょう)の子弟も幼少のとき松平姓を使用したりするが、庶子の多くは大名に取り立てられ松平姓を名のった。御三家の分家(御連枝(ごれんし))では、高須(たかす)、西条、高松、守山(もりやま)、石岡、宍戸(ししど)の各松平氏があり、家康次男秀康(ひでやす)の子孫の福井、津山、松江、前橋、明石(あかし)などの各松平氏や、会津、忍(おし)の松平氏などがある。
(3)松平姓を与えられた大名はおもに有力外様大名(とざまだいみょう)(島津、毛利(もうり)、前田、伊達(だて)など)で、将軍と親戚(しんせき)になることを意味するが、幕末段階では外様大名16家、譜代大名8家、親藩大名1家、計25家が存在した。[上野秀治]
『中村孝也著『徳川家康公伝』(1965・東照宮社務所) ▽中村孝也著『家康の族葉』(1965・講談社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松平氏」の用語解説はコトバンクが提供しています。

松平氏の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation