@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

松明【たいまつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

松明
たいまつ
マツのやにの多い部分をタケやカヤ,枯れ草などと束ね,その先端に点して照明に用いたもの。起源は古く,『日本書紀』にイザナギノミコトが湯津爪櫛 (ゆつのつまぐし) の雄柱を折って秉炬 (たび) としたことが記されており,『万葉集』には志貴皇子の葬儀に人々が手火 (たび) を持って葬送したことが詠まれている。のちに炬火,明,焼松,焚松などと書いて「たいまつ」と読むようになったが,いまでも手火と呼ぶ地方もある。屋外の照明から宮廷,武家,民間を問わず儀式,軍陣,葬送などに広く用いられた。 (→あんどん , ちょうちん )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たい‐まつ【松明/×炬】
《「たきまつ(焚松)」の音変化か》松の樹脂の多い部分を細かく割り、束ねたもの。火をつけて照明に用いた。のち、アシなども用いるようになった。打ち松。続松(ついまつ)。(つ)ぎ松。松火

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しょう‐めい【松明】
たいまつ」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しょうめい【松明】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

松明
たいまつ

灯火の一種。タケ、マツなどの割り木を手ごろな太さに束ね、その先端に点火し、手に持って照明としたもの。ほかにカヤ、アシ、苧殻(おがら)、枯れ葉なども資材とした。古くは、手に持つ灯火を「秉炬」「手火」と書いてタビと読み、いまもこれをタイといっている地方がある。のちに「炬火」「焚松」「松明」などと書いてタイマツとよぶようになった。今日、タイマツと読まれている松明の語は、本来は、脂(やに)の多い松材の意で、続松(ついまつ)、肥松(こえまつ)のこと。松明には、手に持つもののほか、柱松明(たちあかし)といって、儀式などの際に地面に植えて庭上を照明するもの、投松明(なげたいまつ)といって、夜討ちに際して敵陣に投げ込むもの、車(くるま)松明といって、松明を十文字に組み合わせ、その中央を束ね、三方の先端に火をつけ、敵中に投じて照明とするものなど、いろいろのものがあった。ほかに松明の占手(うらて)といって、松明の燃えぐあいで、その日の夜討ちの運勢を占うことなども行われた。また、民間の習俗としても、清めのために嫁の尻(しり)を藁(わら)松明でたたくことや、投げた松明が消える、消えないで吉凶を占う松明占(うら)などが行われていた。このように松明は、戸外で用いる灯火として、宮廷・武家の儀式、軍陣、葬送などをはじめ、広く民間でも行われてきたが、今日では、大松明に火をかける松明祭の神事や、社寺の祭礼、芸能の場で、わずかに使用されているにすぎない。

[宮本瑞夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょう‐めい【松明】
〘名〙
① 照明具の一つ。松の油の多い部分を細く割ったものや、竹・葦などをたばねて火をともすようにしたもの。たいまつ。
※雑談集(1305)一〇「春日へ光儀有て、松明(セウメイ)をほく」
※評判記・色道大鏡(1678)一五「敵松明(セウメイ)をともして、爰かしことかけまはりつれど」 〔陸游‐雑題詩〕
② 油火のこと。
※浮世草子・男色大鑑(1687)一「同じ油火も松明(シャウメイ)進むると云なし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たい‐まつ【松明】
〘名〙 (「たきまつ」の変化した語) 松の脂が多い部分、または竹や葦などを束ね、火を点じて照明に用いたもの。うちまつ。しょうめい。続松(ついまつ)。たきあかし。まつ。
※宇津保(970‐999頃)内侍督「たいまつのひかりに中将みるに」
[語誌]平安時代には、単に「まつ」とも言い、庭上で立てて使う場合は「たてあかし」「たちあかし」とも呼んだ。また、「ついまつ(続松)」と記した例も多く、両者は同じように使われたらしい。鎌倉・室町時代になると「まつび」「まつあかし」「あかしまつ」などの呼び名も生まれた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松明」の用語解説はコトバンクが提供しています。

松明の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation