@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

松本謙三【まつもとけんぞう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

松本謙三
まつもとけんぞう
[生]1899.3.21. 富山
[没]1980.9.15. 埼玉
能楽ワキ方。下掛り宝生流。 1909年,11歳で宝生新入門 1910年『岩船』で初舞台。 1953年,『』ほかの演技で芸術祭奨励賞受賞。 1959年第1回広瀬記念楽賞受賞。 1966年,重要無形文化財保持者の認定を受ける。霞会を主宰した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

松本謙三 まつもと-けんぞう
1899-1980 大正-昭和時代の能楽師ワキ方。
明治32年3月21日生まれ。11歳で上京,下掛り宝生(ほうしょう)流10代家元宝生新(しん)にまなぶ。昭和41年人間国宝。弟子に野口敦弘。昭和55年9月15日死去。81歳。富山県出身。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

まつもとけんぞう【松本謙三】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

松本謙三
まつもとけんぞう
(1899―1980)
能役者。下掛(しもがか)り宝生(ほうしょう)流ワキ方。富山県に生まれる。能楽囃子(はやし)方養成に大功のあった池内信嘉(のぶよし)の勧めで上京、11歳で下掛り宝生流10世宗家宝生新(しん)に師事。宝生新の没(1944)後は、相弟子の宝生弥一(やいち)とともにワキ方を代表し、重厚で存在感に優れた舞台を勤めた。1966年(昭和41)重要無形文化財各個指定(人間国宝)。ワキ方の主張を生かした霞(かすみ)会を主催、シテの名人を迎えて歴史に残る名舞台を提供した。また都民劇場の組織に協力、能の普及に努めた。[増田正造]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松本謙三」の用語解説はコトバンクが提供しています。

松本謙三の関連情報

関連キーワード

取調べゲタフラミニヌス黙秘権リナロール度量衡任意出頭被疑者リナロオール北九州(市)

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation