@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

松本長【マツモトナガシ】

デジタル大辞泉

まつもと‐ながし【松本長】
[1877~1935]能楽師シテ方宝生流静岡の生まれ。16世宝生九郎師事野口兼資(のぐちかねすけ)とともに宝生流の双璧(そうへき)とうたわれた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

松本長 まつもと-ながし
1877-1935 明治-昭和時代前期の能楽師シテ方。
明治10年11月11日生まれ。松本金太郎の次男。松本たかしの父。16代家元宝生(ほうしょう)九郎に師事。野口兼資(かねすけ)とともに宝生流の双璧といわれた。芸談集に「松韻秘話」。昭和10年11月29日死去。59歳。静岡県出身。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

まつもとながし【松本長】
1877‐1935(明治10‐昭和10)
楽師。宝生流シテ方。宝生流の名家,松本金太郎(1843‐1914)の次男として静岡に生まれる。1882年父とともに上京,16世宝生九郎入門,1917年九郎が没するまで稽古(けいこ)を受け,野口政吉(のち野口兼資(かねすけ))とともに宝生流の双璧(そうへき)とうたわれた。堅実にして端正な,品位の高い芸風で知られた。長男松本たかし俳人として知られ,次男恵雄(しげお)(1915‐ )が宝生流シテ方として活躍している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

まつもとながし【松本長】
1877~1935 能楽師。宝生流シテ方。静岡県生まれ。一六世宝生九郎に師事し、名手といわれた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

松本長
まつもとながし
(1877―1935)
能役者。宝生(ほうしょう)流シテ方。静岡県に生まれる。明治能楽界の重鎮松本金五郎の次男。5歳で上京、明治天皇行幸能に子方などを勤め、のちに名人宝生九郎(16世)の門に入り、その厳しい稽古(けいこ)を受け、宝生宗家を継承することにもなっていた。同門の野口兼資(かねすけ)と双璧(そうへき)とうたわれ、格調高く力感にあふれた名人。早稲田(わせだ)大学の謡会で『国栖(くず)』を謡っていて急逝。芸談集に『松韻秘話』がある。長男の孝(たかし)(筆名たかし)は俳人として名高く、「父酔ふてしきりに叩(たた)く火桶哉(ひおけかな)」の句がある。次男の恵雄(しげお)(1915―2003)は、1936年(昭和11)初舞台を踏み、その後、能楽界の中心人物となり91年(平成3)には重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定された。なお画家の下村観山、作家の泉鏡花は松本長のいとこにあたる。[増田正造]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

まつもと‐ながし【松本長】
能楽師。宝生流シテ方。静岡県出身。明治一五年(一八八二)父金太郎とともに上京、一六世宝生九郎に入門。同門の野口兼資とともに宝生流の双璧とうたわれた。明治一〇~昭和一〇年(一八七七‐一九三五

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松本長」の用語解説はコトバンクが提供しています。

松本長の関連情報

関連キーワード

山中貞雄斎藤寅次郎成瀬巳喜男日本浪曼派五所平之助島津保次郎清水宏稲垣浩キューカー治安維持法

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation