@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

松本【マツモト】

デジタル大辞泉

まつもと【松本】[地名]
長野県中部の市。松本盆地商工業の中心。電機・食品・繊維工業などが行われる。古くは信濃国府の地。近世石川戸田氏らの城下町松本城旧開智学校浅間(あさま)温泉がある。東部美ヶ原西部上高地(かみこうち)など観光資源が豊富。平成17年(2005)に近隣4村を、平成22年(2010)に波田町を編入。人口24.3万(2010)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まつもと【松本】[姓氏]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

まつもと【松本】
長野県中部の市。松本盆地の商工業の中心地。平安時代、信濃国の国府が置かれた。近世は松平氏・水野氏・戸田氏などの城下町。明治初期、筑摩県の県庁所在地。飛驒山脈・美ヶ原への観光基地。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まつもと【松本】
姓氏の一。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

松本 (マツモト)
学名:Lychnis sieboldi
植物。ナデシコ科の多年草

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

まつ‐もと【松本】
〘名〙 ナデシコ科の多年草。九州に自生し、また、観賞用に庭園などに栽培されている。高さ三〇~九〇センチメートル。葉は卵状長楕円形で基部は茎を抱き対生する。葉柄はない。六~八月、茎頂に径三~五センチメートルの五弁花が咲く。花弁は浅く二裂、縁は不規則な鋸歯(きょし)状で色は朱紅・白・赤白など。花の形が役者の松本幸四郎の紋所に似ているところからこの名があるともいう。漢名に剪春羅を当てるが誤用。まつもとせんのう。まつもとせんのうげ。まつもとせん。《季・春》 〔重訂本草綱目啓蒙(1847)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まつもと【松本】
[一] 長野県中央部の地名。古代、信濃国の国府所在地。江戸時代は戸田氏六万石の城下町。明治初期に筑摩県の県庁所在地。第二次世界大戦後は機械・乳製品などの工業都市となる。北アルプス・美ケ原高原への観光基地。明治四〇年(一九〇七)市制。
[二] 滋賀県大津市の地名。東海道に沿い、江戸時代は渡船場として栄えた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松本」の用語解説はコトバンクが提供しています。

松本の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation